Amazonでお得に買い物をする方法

【2019年最新自作PC】ゲーミングPCのおすすめ構成を予算別に紹介

ゲーミングPC 自作 予算

こんにちは!シルバー( @silver_gamechu)です

今回はゲーミングPCを自作で作ろうと考えている方に向けて、予算別のおすすめ構成を考えてみましたのでぜひ紹介していこうと思います!

僕はTwitterで自作PC組み立て代行を受け付けているのですが、特に多い相談が「~円でゲーミングPCを組んでほしい!」というものなんです

そこで今回は中でも特に多い

  • 7万円
  • 10万円
  • 15万円
  • 20万円

こちらの4つの予算で、それぞれおすすめの構成を紹介していこうと思います

それぞれの構成の解説もしているので、必要・不必要に応じて各自パーツの構成を変えていただけるようにもなっています!

それでは早速予算7万円のおすすめ構成を紹介していきたいと思います

予算7万円の自作ゲーミングPCのおすすめ構成を紹介

予算7万円となるとPCではあまり贅沢なパーツは揃えられませんが、ある程度のゲームならば60fpsは出せる構成で組むことができます

まずはパーツ構成をご覧ください

CPURyzen5 2400G14962円
グラフィックボードMSI Radeon RX 57014800円
マザーボードASRock B450M Pro47680円
メモリCrucial 8GB×2枚9680円
SSDPatriot M.2 256GB4699円
HDDなし
電源ユニットThermaltake Smart 500W3911円
PCケースThermaltake Versa H172962円
OSWindows10 Home15024円
73718円

こちらが予算7万円のおすすめの構成です

少し7万円を超えてしまいましたが、かなり頑張りました!

ポイントとしてはCPUがRyzen5 2400G、グラフィックボードがRadeon RX 570 4GBとコスパに優れたAMDの製品で固めることで、予算7万円でもある程度のゲームを快適にプレイできるまでに持って行ったことです!

さらにHDDを省くことで、メモリも16GBにすることができました

低予算自作ゲーミングPCとしてはめちゃくちゃおすすめです!

シルバー

この構成で組んだことありますが、かなり良かったです!
この構成のおすすめポイント
  • とにかく安いゲーミングPC
  • ほとんどのゲームがフルHDで快適にプレイ可能
  • micro-ATXでサイズが小さい
この構成の残念なポイント
  • 重いゲームだと60fpsが出ない可能性がある
  • HDDがない
  • 拡張性がイマイチ

この自作ゲーミングPCのおすすめのカスタマイズ

上のおすすめの構成に、さらにカスタマイズするといいところを紹介していこうかと思います!

以下のおすすめのカスタマイズを順番に説明していきます

  • HDDを追加
  • メモリを8GBに変更

HDD追加(+6000円)

こちらの「WD 内蔵HDD 1TB 」を追加することで、ストレージへの不安が無くなります

ゲーム専用ならば必要ないかもしれませんが、少しでもほかの用途に使うならばしておくのがベターなカスタマイズになります!

メモリを8GBに変更(-4000円)

メモリをこちらの「PATRIOT DDR4 4GB×2」に変更することで安くすることができます

ゲームをするだけで、通話や録画・配信をしないならばメモリは8GBで十分なことも多いので選択肢に入れるとよいと思います!

では続いて10万円の自作ゲーミングPCのおすすめ構成です

予算10万円の自作ゲーミングPCのおすすめ構成を紹介

10万と7万ではかなり自由度に違いが出ます!

7万の時より、性能が大幅に上がっているので早速紹介していきます

CPURyzen5 260017661円
グラフィックボード玄人志向 GTX 1660Ti34538円
マザーボードASRock B450M Pro47680円
メモリCrucial 8GB×2枚9680円
SSDCrucial M.2 500GB8780円
HDDなし
電源ユニット玄人志向 600W4996円
PCケースThermaltake Versa H172962円
OSWindows10 Home15024円
101271円

またもや少し予算をオーバーしてしまいましたがかなりいい構成で組めました!

CPUにコスパ最強のRyzen5 2600を、グラフィックボードに最新のGTX 1660Tiを持ってくることで、コストとパフォーマンスのバランスがとてもいい構成に仕上がりました

この構成のおすすめポイント
  • コスパ最強
  • GTX 1660Ti搭載で動画編集も可能
  • 軽いゲームなら144fpsも目指せる
この構成の残念なポイント
  • 拡張性に欠ける
  • 重いゲームだと100fpsは難しい
  • HDDが無い
  • 光学ドライブがない

この自作ゲーミングPCのおすすめのカスタマイズ

上のおすすめの構成に、さらにカスタマイズするといいところを紹介していこうかと思います!

以下のおすすめのカスタマイズを順番に説明していきます

  • HDDを追加
  • メモリを8GBに変更

HDD追加(+6000円)

こちらも「WD 内蔵HDD 1TB 」を追加することで、ストレージへの不安が無くなります

かなりいいスペックのPCですので、予算に余裕があれば付けておきたいですね!

続いて15万円の自作ゲーミングPCのおすすめ構成です!

予算15万円の自作ゲーミングPCのおすすめ構成を紹介

CPURyzen7 270027410円
CPUクーラーCORSAIR H100i Pro14742円
CPUグリスThermal Grizzly社グリス739円
グラフィックボードZOTAC GAMING RTX 206041153円
マザーボードASRock B450 Steel Legend11300円
メモリCrucial 8GB×2枚9680円
SSDCrucial M.2 500GB8780円
HDDWD HDD 1TB5536円
電源ユニット玄人志向 750W4996円
PCケースThermaltake Versa H264163円
ケースファンNovonest ケースファン3枚2650円
光学ドライブASUS 内蔵光学ドライブ1887円
OSWindows10 Home15024円
148060円

こちらが予算15万円の構成になります!

CPUがRyzen7 2700でグラフィックボードがRTX2060とかなりスペックの高い構成にもかかわらず、光るケースファンやCPUクーラーにもこだわることができ、とても満足のいく構成ができたのではないかなと思います!

この構成のおすすめポイント
  • 大抵のゲームなら144fps越えが可能
  • 動画編集やゲーム配信も可能
  • 簡易水冷搭載で冷却性能も抜群
  • 見た目にもこだわり、光るケースファン採用
  • SSD500GBとHDD1TB搭載で安心のストレージ
  • ATXマザーボードで拡張性もばっちり
  • 光学ドライブも備えている

良いところ盛りだくさんです!

正直一番おすすめできるゲーミングPCの構成で、これなら間違いない!という感じです

簡易水冷をやってみたいという方にもおすすめで、予算を抑えつつも素晴らしいスペックと見た目のPCを組むことができる構成になっています

おすすめの自作ゲーミングPC | まとめ

本記事では「【2019年最新自作PC】ゲーミングPCのおすすめ構成を予算別に紹介」について書きました

自作初心者の方や、少しでも安くゲーミングPCが欲しいと思ってこの記事を見ている方は

あまりPCの基本的な構成などもわからないと思います

そういった方がこの記事の予算別おすすめ構成を参考にしていただければと思います

自作が面倒くさいと思った方は、こちらの記事でおすすめのゲーミングPCを紹介していますのでぜひご覧ください

https://game-chu.com/gaming-pc-rec

ゲーミングPC おすすめ 【2019年最新】おすすめのゲーミングPCを選び方と比較のポイントと合わせて紹介

どうも、シルバー( @silver_gamechu)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です