【2019年最新】FPSにおすすめのゲーミングキーボードを選び方と比較のポイントと合わせて紹介

おすすめのゲーミングキーボード紹介

こんにちは!ゲーミングキーボードを集めるのにはまっているシルバー( @silver_gamechu)です

PCでゲームをするときに特にこだわりたいのが「ゲーミングキーボード」です

ゲーミングキーボードの選び方次第でプレーの質はかなり変わります

しかしゲーミングキーボードは非常に種類が多く、正直どれを選んでいいのか分からないこともしばしば…

ということで本記事では「おすすめのゲーミングキーボードとその選び方を詳しく解説」ということで

こちらの4つをメインに、ゲーミングキーボードについて分かりやすく解説していきたいと思います!

ゲーミングキーボードと普通のキーボードの違いとは?

ゲーミングキーボードと普通のキーボードの主な違いとしては

  • 同時押しに対応
  • 打鍵感の良さ

こちらの2つになります

同時押しに対応

複数のキーを同時に押しても正しく反応することを同時押しまたは「ロールオーバー」といいます

ゲーミングキーボードではこのロールオーバーの機能を持っているものがほとんどで、ゲーミングキーボードとしては必須の機能になります

シルバー

ゲームでは複数の動作を同時に行うことは普通ですからね!

打鍵感の良さ

ゲーミングキーボードには打鍵感が快適なものが多いです

  • 気持ちよくタイピングすることができる
  • ゲームをしていても疲れにくい

打鍵感が良いと、このようなメリットがあります

もちろんゲーミングキーボードの中でも打鍵感の違いがあるので、

ゲーミングキーボードを選ぶときは打鍵感を重視したいですね!

こちらの記事でさらに詳しい「ゲーミングキーボードと普通のキーボードの違い」を説明していますので、興味のある方はぜひご覧ください!

ゲーミングキーボード 違い ゲーミングキーボードと普通のキーボードの違いを分かりやすく解説!

ゲーミングキーボードのおすすめの選び方を解説

ゲーミングキーボードの選び方としては以下の2つがあります!

  • 予算から選ぶ
  • 軸で選ぶ
  • テンキーレスの中から選ぶ

予算から選ぶ

予算で選ぶのは非常におすすめです!

シルバー

何を選んでいいか全くわからないという方は予算で選ぶのがいいでしょう

価格帯ごとのおすすめゲーミングキーボードを下で紹介していますので、ぜひご覧ください!

価格帯ごとのおすすめゲーミングキーボードを見る   

軸で選ぶ

軸とはなにか?と思う人もいると思いますが、簡単に言えばキーの押し心地です!

どのような打鍵感を期待するのかによって、選ぶキーボードも変わってきますので、軸ごとのおすすめゲーミングキーボードをも下で紹介しています!

軸ごとのおすすめゲーミングキーボードを見る 

テンキーレスの中から選ぶ

ゲームに特化するならテンキーレスのゲーミングキーボードがおすすめです!

テンキーレスのゲーミングキーボードは、マウスを持つ手とキーボードを操作する手が近くなります

そのため肩幅が開かずにマウスを操作することが可能なのでエイムが安定しやすいという特徴があります

さらにマウスを動かせるスペースがテンキーが無い分広くなるのでストレスなくマウス操作が可能というメリットも!

そのためゲーム用だけのキーボードならテンキーレスの製品を選ぶのが非常におすすめです

こちらの記事で「おすすめのテンキーレスのゲーミングキーボード」を紹介していますのでぜひご覧ください!

【コンパクト】厳選したおすすめのテンキーレスゲーミングキーボード4選を紹介

そして、テンキーレスよりもさらにコンパクトな60%キーボードというものも存在します

おすすめの60%キーボードの紹介と解説」はこちらの記事で詳しくしていますので、興味のある方はぜひご覧ください

60%キーボード 60%キーボードとは?解説と2019年最新のおすすめ2選を紹介!【FPSゲーム用】

価格帯ごとのおすすめゲーミングキーボード

本記事では

こちらの3つを紹介しています

予算に合わせて選ぶことをおすすめします!

~5000円でおすすめのゲーミングキーボード

この価格帯では安さが重視されると思うので、安くてしっかりとしたゲーミングキーボードを1つ紹介したいと思います

とりあえず安いゲーミングキーボードが欲しい方におすすめ | NPET

NPET

NPETはAmazonで買えるゲーミングキーボードとしては最安レベルの商品になります

価格は2000円ちょっとと、ゲーミングキーボードなのか?と思うほど安いのですが、意外と作りはしっかりしていて驚いたほどです

押し心地もキーの反応速度もそこまで悪くなく、とても2000円のキーボードとは思えません

よくあるゲーミングキーボードのようにちゃんと光ってくれますし、4種類の光り方を選べる+消すこともできます!

不満足な点としては少し打鍵音がうるさく感じるのとスペースキーだけ若干の違和感があることです

青軸のメカニカル式のような心地のいい音ではないので、夜使うと少しうるさく感じてしまうところもマイナスポイント

全体的には2000円でこのクオリティなら大満足という感じです!

お試し価格なので、とりあえず安いゲーミングキーボードが欲しいという方には自信をもっておすすめできます!

シルバー

5000円以下ならこれしかない!という感じです

NPETの詳しいレビューはこちら 

NPET レビュー 【NPET レビュー】最強にコスパのいいゲーミングキーボード【エンジョイ勢はこれ!】

5000円~10000円でおすすめのゲーミングキーボード

この価格帯は、メカニカル式だと少し厳しいですが、かなり質の高いメンブレン式のキーボードが購入できるようになってきます

10000円以下の良いキーボードをお探しの方におすすめ | Logicool G213

G213の特徴
  • キーの押し間違え防止に役立つ「ゲームモード」機能付き
  • 外観が非常にかっこいい
  • 専用ソフトウェアで細かい設定が可能
  • パームレスト付きで手首の負担が軽減できる
  • 機能性抜群なのに価格が抑えられておりコスパはかなり高い
  • メンブレン式なのでメカニカル式のキーボードよりも打鍵感は劣る

G213はLogicoolから発売されている中では一番価格が抑えられているゲーミングキーボードです

Logicoolから発売されているということでクオリティは非常に高く機能性が抜群のゲーミングキーボードとなっています

  • ゲームの邪魔になる特定のキーを無効化する「ゲームモード」への切り替え
  • ワンタッチで音量などを調節できるメディアコントロールキー搭載
  • 手首の負担を軽減するパームレスト搭載

このように上位のモデルと同じような機能性を持ちつつも価格が抑えられているのでコスパは非常に高くなっています

キー方式はメンブレン式なのでメカニカル式よりも打鍵感は劣ってしまいますが、価格を考えたら充分なスペックを持っています

さらに、ロジクールのデバイス専用のソフトウェアである「G HUB」を使うことで、こんな感じにLEDの光り方や色を好きなように変えることもできます

g213 光

G213のレビュー記事はこちら 

ロジクールG213レビュー 【ロジクールG213レビュー】パームレスト付きの疲れにくいゲーミングキーボード!

シルバー

価格を抑えて高クオリティのゲーミングキーボードが欲しいという方には非常におすすめできるゲーミングキーボードです!

10000円~でおすすめのゲーミングキーボード

この価格帯ですと、かなり質のいいメカニカルキーボードが購入できるようになってきます

ロジクールのおすすめメカニカルキーボード | Logicool PRO ゲーミングキーボード

製品名PRO ゲーミングキーボード
メーカーロジクール
キー構造メカニカル式
ライティング可変
テンキー無し
Logicool PRO ゲーミングキーボードの特徴
  • テンキーレスなのでゲームに非常に向いている
  • メカニカル式で打鍵感は最高
  • Logicool独自のキースイッチ「Romer-G」を搭載しており、反応速度が速い
  • 機能性も抜群

G PROはロジクールから発売されているメカニカルキーボードです

さすがロジクールのメカニカルキーボードです

こんなに快適にタイピングやゲームができるのか!と思うほどの押し心地

G213にある「ゲームモード」や「LED調整」はそのままに、テンキー・パームレストが無くなりコンパクトになり、メカニカル式になり打鍵感が良くなったようなイメージですね!

テンキーが無い分キーボードに置く左手とマウスを持つ右手の距離が近くなるので、エイムが安定するんです!

ロジクール独自の「Romer-Gメカニカル スイッチ」を使っており、他のメカニカルスイッチよりも25%反応が高速になり、静音性及び精度が向上しています

シルバー

ゲーミングキーボードはこれを選べば間違いないというくらいの完璧なキーボードです

PROゲーミングキーボードのレビュー記事はこちら 

Pro ゲーミングキーボード 外観 【Logicool G Pro ゲーミングキーボード(G-PKB-001) レビュー】テンキーレスで打鍵感が最高の優秀なキーボード
【Logicool G Pro ゲーミングキーボード(G-PKB-001) レビュー】テンキーレスで打鍵感が最高の優秀なキーボード

最高の打鍵感とデザイン性を兼ね備えたゲーミングキーボード | Xtrfy K2-RGB

Xtrfy k2

XtrfyのK2-RGBは価格は高いとは思いますが、価格以上の性能を備えた素晴らしいゲーミングキーボードです

  • 高級感のあるデザインと鮮やかなライティング
  • 専用ソフトウェアが不要の簡単な設定
  • 赤軸による抜群の打鍵感と打鍵音

などなど、おすすめできるポイントがたくさんあります

K2-RGBの高級感

高級感のある作りをしておりキーボードとしての完成度が素晴らしく高いです

キー1つ1つがこだわられて作られており、非常にしっかりした作りをしていますね!

さらに打鍵感も最高でした!

スコスコと気持ちのいい赤軸特有の打鍵感で、かなり快適にゲームのプレーやタイピングができました

さらにK2-RGBはソフトウェアなしでライティングの設定ができ、簡単にバックライトの設定ができることもとても魅力的です!

細かい設定はできませんが、いちいちソフトウェアを起動する手間を考えればありがたい機能ですね

こちらの記事で詳しくレビューをしていますので、ぜひご覧ください!

Xtrfy K2-RGB のレビュー記事はこちら 

【Xtrfy K2-RGB レビュー】抜群の打鍵感と機能性とデザイン性を兼ね備えた優秀なゲーミングキーボード

おすすめのゲーミングキーボードを軸ごとに紹介!

ゲーミングキーボードと言えばメカニカル式ですよね!

メカニカル式とは?
キーボードのキーキャップの下に、物理的なスイッチがあるタイプのキーボードのこと

メカニカル式のキーボードは、「軸」呼ばれるスイッチの種類を自由に選ぶことができます!

シルバー

軸ごとに打鍵感が異なり、様々な種類があるんですよ!

代表的な軸としては

  • スイッチ感があり、「カチカチ」という音が特徴の青軸
  • スイッチ感がなく、「スコッ」と押し下がるのが特徴の赤軸
  • 青軸と赤軸の中間のような押し心地の茶軸

こんな感じになります!

どれも好きなタイプが分かれるものですので、

メリットやデメリットを紹介しながらその軸のおすすめゲーミングキーボードを紹介していこうと思います!

青軸の特徴とおすすめのゲーミングキーボード

青軸のゲーミングキーボードは、何といっても爽快な音と打鍵感が特徴です!

カチカチと心地の良いクリック音が鳴り、とても快適にタイピングやゲームをすることができます

さらに、音がなりスイッチ感があることで「キーボードを押したと思っていたのに押せていなかった」

なんてこともありませんね!

デメリットとしては若干音がうるさいことです

もちろん好きな人には好きな音なのですが、うるさくできない環境では使うべきではありません

シルバー

ゲームの実況や配信にも向いていませんね…

青軸でおすすめのゲーミングキーボードはこちら 

青軸 ゲーミングキーボード おすすめ 【2019年最新】抜群の爽快感で使いやすい青軸のゲーミングキーボードを紹介

赤軸の特徴とおすすめのゲーミングキーボード

赤軸のゲーミングキーボードはスイッチ感が無いのが特徴で、滑らかなタイピングができるようになります

シルバー

静音性もあり、ゲームの録画や配信をする方は「赤軸」のゲーミングキーボードを使うことをぜひおすすめしますよ!

個人的には赤軸は大好きな打鍵感で、疲れずにタイピングやゲームができるというメリットもあります

ただスイッチ感が無いということで、慣れないうちは「どこまで押せば反応するか?」ということが多少分かりにくかったりするのも特徴の一つ

赤軸でおすすめのゲーミングキーボードはこちら 

赤軸 おすすめ ゲーミングキーボード 【2019年最新】厳選した滑らかな打鍵感が魅力的な赤軸のゲーミングキーボード3選を紹介

茶軸の特徴とおすすめのゲーミングキーボード

茶軸の特徴は、そのバランスの良さです

多少のスイッチ感があり、気持ちよくタイピングができます

クセの少ないキースイッチで、初心者の方からプロの方まで誰にでもおすすめできるのが茶軸ですね!

茶軸でおすすめのゲーミングキーボードがこちら 

茶軸 ゲーミングキーボード 【2019年最新】使いやすく魅力的な茶軸のゲーミングキーボードを3選を紹介!

おすすめのゲーミングキーボード | まとめ

本記事では

こちらの4つをメインに解説していきました

ゲーミングキーボードはマウスと並んで、直接プレーに影響する大事なデバイスです

これから使っていくキーボードを決めるときにはくれぐれも慎重に決めるようにすることをぜひおすすめします!

どうもシルバー( @silver_gamechu)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です