【G-Tune HL-Bレビュー】小さいながらも高スペック!デザイン性も兼ね備える小型ゲーミングPC

HL-B レビュー

こんにちは!ゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

ゲーミングPCは、デスクトップPCの中でも、サイズが非常に大きくなりがちです。

サイズが大きいと、置き場所に困ったり、机の上に置けなかったり、不格好だったりするんですよね…

しっかりとゲームができて、小さいサイズのゲーミングPCはないの?

まさにその要望にピッタリのゲーミングPCがあります!

それが、マウスコンピューターから発売されている、G-Tune「HL-B」です。

icon icon

HL-Bは、ゲーミングPCの中でも、かなり高いスペックを誇りながらも、小型の設計を実現したモデルになっています!

まさに「小さいのに強い」ゲーミングです!

今回、マウスコンピューター様から「G-Tune HL-B」をお借りすることができましたので

  • HL-Bのスペックと概要
  • HL-Bの外観のレビュー
  • HL-Bのゲーミング性能のレビュー
  • HL-Bのストレージ性能のレビュー
  • HL-Bの配信・録画性能のレビュー
  • HL-Bのターゲット

こちらの6項目について詳しく紹介していきたいと思います!

シルバー

ゲーミングPCにあまり詳しくない方でも分かるように、丁寧に紹介していますよ!
MEMO
本記事はメーカー様から機材をお借りして作成しております。

G-Tune HL-Bのスペックと特徴

今回お借りした、HL-Bのスペックを以下の表にまとめました。

CPUCore i7 9700
グラフィックボードRTX2070 Super
メモリ16GB
SSDNVMe 256GB(Gen3)
HDD非搭載
参考価格169,800円(税抜)
注意
スペック・価格は2020年4月13日現在におけるもので、変更される場合もございます。
HL-Bの特徴
  • ゲーミングPCとしてはかなり高いスペック
  • ゲームによっては、240fpsを目指せるスペック
  • 高画質配信も可能なスペック
  • NVMeのSSD搭載でデータの読み書きも高速
  • 小型なので、スペースを取らない設計
  • デザイン性も◯
  • 軽いゲームだけやる方にはオーバースペック
  • 静音性はそこまで高くない

小型ながら、かなり性能が良いゲーミングPCとなっています!

G-Tune HL-Bの外観のレビュー

「HL-B」の基本情報として

  • 外観とサイズ感
  • 内部構造とエアフロー
  • インターフェース

こちらの3つを紹介していきます!

外観とサイズ

HL-Bは、かなりサイズが小さいゲーミングPCです。

非常に小さいので、机の上にも置けるほどです。

マットな質感で、デザイン性も悪くなく、机の上においてもインテリアとして機能してくれるほどです!

内部構造とエアフロー

HL-Bは、小さいながらも、内部は意外とスッキリしており、そこまで中身が詰まっていない印象です。

ただ、やはり大きなPCほどは隙間がないため、エアフローはそこまで良くはないと感じました

CPUクーラーは、かなりコンパクトなサイズのものが使われているため、静音性はあまり高くない印象です。

ただ、ゲームをしていても、熱暴走はしないで、しっかりとCPUを冷やしてくれていました!

電源には、ATXサイズという大きなデスクトップPCにも使われるサイズのものが使われています。

そのため、かなりハイスペックなGPUとCPUを搭載しているHL-Bの出力にも耐えられます!

インターフェース

HL-Bのインターフェースを紹介します。

前面

  1. USB 3.0 x 2
  2. オーディオ入出力

背面

  1. USBポート x 4(USB3.0 x 2, USB3.1 x 2)
  2. PS/2
  3. LANポート
  4. オーディオ入出力
  5. Display Port
  6. HDMI

前面には必要最低限のポートがあります。

背面には多くのポートが搭載されており、多くの機器を接続することができます。

映像出力はDisplay Portが3つにHDMIが1つ、搭載しており、複数のモニターに映像出力をすることも可能です。

小さいながらに、十分な量のインターフェースを備えていますね!

G-Tune HL-Bのゲーム性能のレビュー

HL-Bの各ゲームでの評価を表にまとめました。

  • フォートナイト
  • Apex Legends
  • レインボーシックスシージ
  • PUBG
  • 黒い砂漠
  • CS:GO

こちらの5つのゲームの各設定における平均フレームレートを測定しました!

ゲーミングPCを選ぶ際、「どのゲームでどのくらいフレームレートが出るのか」というのは非常に重要ですので、ぜひ参考にしてみてください!

フレームレートとは
フレームレートは、1秒間に何回画像が切り替わるのかという指標です。
数値が大きいほど、画面が滑らかになり、快適にゲームができるようになります

フレームレートの基準としては

  • 60fps→普通に快適(PS4などは60fpsが限界です)
  • 144fps→かなり快適(画面が滑らかに見える)
  • 240fps→最高の環境

このように考えるとわかりやすいかと思います!

フレームレートはPCのスペックで大きく変わりますので、やりたいゲームでどのくらいのフレームレートが出るのかというのは重視して見たほうが良いです!

フォートナイトのフレームレートと評価

フォートナイトで公開マッチに入り実際にプレーし、フレームレートを測定してみました。

設定最高
平均フレームレート264fps245fps178fps159fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています。

フォートナイト低設定

フォートナイト中設定

フォートナイト高設定

フォートナイト最高設定

低〜中設定にすることで、平均240fpsを超えることができ、非常に快適にプレーすることができました。

フォートナイトは余裕でプレー可能です!

ただし、PCが小型なため、ファンの排気音が割と気になります。

もちろん、ヘッドフォンなどをすると、全く気にならなくなりますが、同じ部屋に人がいる場合は、少し気になるかもしれませんので、注意が必要です。

マウスコンピューター
icon
フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは? 【144fps・240fps】フォートナイトが快適にできるおすすめゲーミングPC3選を紹介

フォートナイトを配信したときの検証はこちら↓↓

Apex Legendsのフレームレートと評価

apex legends

Apex Legendsで実際にゲームをプレーして平均フレームレートを測定してみました。

設定
平均フレームレート188fps160fps156fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています

apex 低設定

apex中設定

apex 高設定

Apex Legendsでは、240fpsには到達しなかったものの、144fpsであれば超えるという結果になりました。

しかし、Apex Legendsを144fpsでやりたいという方には、少々オーバースペックな気がします。

配信をしながらでも、Apex Legendsを144fpsでプレーしたいくらいの方に向いているゲーミングPCだと思います!

エーペックスレジェンズにおすすめのゲーミングPC 【144fps・240fps】Apex Legendsが快適にできるおすすめのゲーミングPC3選を紹介

レインボーシックスシージのフレームレートと評価

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージで、テロハントをソロでプレーし、フレームレートを測ってみました。

設定
平均フレームレート227fps

シージでは、最低設定にしても240fpsは到達しませんでした。

シージは、ステージによってゲームの重さがかなり違うため、すべてのステージで240fpsがでないというわけではないと思いますが、絶対に240fpsを出したいという方は、もう少し上のスペックのPCがおすすめです!

【144fps・240fps】レインボーシックスシージ快適にできるおすすめのゲーミングPCと選び方を紹介

PUBGのフレームレートと評価

pubg
設定ウルトラ
平均フレームレート150fps131fps

PUBGでは、設定を「低」にすることで、144fpsに到達することができました!

非常に重たいゲームであるPUBGですが、このゲーミングPCであれば快適にプレーすることができそうです!

PUBGを144fpsでやりたいと思っていた方にはおすすめのゲーミングPCです!

マウスコンピューター
icon
pubg ゲーミングPC おすすめ 【60fps・144fps・240fps】PUBGに快適にできるおすすめのゲーミングPCと選び方を紹介

黒い砂漠のフレームレートと評価

設定VERY HIGHリマスターモード
平均フレームレート130fps105fps

激重で有名な黒い砂漠ですが、144fpsは出なかったものの、それなりに高いフレームレートを出すことができました!

逆に144fpsでプレーしたいのであれば、RTX2080以上のグラフィックボードが必要ですね…

CS:GO

設定最高
平均フレームレート253fps

CS:GOでは最高設定にしても240fpsを出すことが可能でした。

G-Tune HL-Bのストレージ性能

HL-BはNVMe SSDが搭載されていますので、非常に優秀なストレージ性能です。

ロード時間の短縮につながり、ストレスなくゲームができます!

ただし、HL-Bは、標準では256GBのSSDしか搭載されていません。

3~4種類のゲームしかやらないという方であれば、十分ですが、多くのゲームをやる方や、動画編集や画像を多く保存する方であればもう少し余裕を持ったストレージを購入の際に選択することをおすすめします!

もちろん後からの増設も可能ですが、面倒くさいので、購入前にある程度考慮することをおすすめします!

G-Tune HL-Bの配信・録画性能

「HL-B」の配信性能や、録画性能を測るために、「OBS」という配信用ソフトを使って配信をしながらゲームをプレーしてみました。

配信をしていないときと、配信時のフレームレートを検証した表がこちらになります。

設定通常時配信時
低設定平均264fps平均264fps
中設定平均245fps平均242fps
高設定平均178fps平均171fps
最高設定平均159fps平均147fps
MEMO
表の値はフォートナイトをプレーしたときのフレームレートです
MEMO
こちらの設定だと、かなり高画質で滑らかな配信が可能です。
解像度:1920×1080
フレームレート:60fps

ほんの少しフレームレートは下がっていますが、ほとんど下げずに配信ができてていることが分かります。

フォートナイトを240fpsでプレーしながら配信できるのはかなり素晴らしい性能です!

かなり高画質の設定で配信していますので、視聴者に荒い映像を届けてしまう心配もありません。

次に、配信時のカクつきを検証しました。

以下の表は、それぞれの設定でフォートナイトを配信したときの

  • レンダリングラグ
  • エンコードラグ

こちらの2つを表しています。

表の見方
数値が高い程、高い頻度で配信の動画がカクカクしてしまいます。
設定 レンダリングラグ エンコードラグ
低設定0%0%
中設定0%0%
高設定0%0%
最高設定0%0%

全ての設定でラグが0%ということで、全くカクつかずに配信が出来ている事が分かります。

HL-Bはメモリが16GBということで、マルチタスク性能はかなり高いため、カクつきなしで配信ができているものと考えられます。

検証によって、かなり負荷のかかるゲームであっても、カクつかずに配信できる事がわかりました!

小さいながらも、配信までできてしまうゲーミングPCです!

マウスコンピューター
icon

G-Tune HL-Bのターゲット

HL-Bは、ゲーミングPCの中でもかなりスペックの高いモデルになっています。

  • ほとんどのゲームで144fps
  • 軽いゲームであれば240fps

を出せるスペックなので、本格的にゲームがやりたい方でも

CPUとグラフィックに、これ以上無いくらい非常にゲーミング性能の高いパーツが使われており、ほぼすべてのゲームを快適にプレーすることが可能となっています。

配信性能のレビューでも記載した通り、フレームレートを落とさずの高画質配信が可能な配信性能も搭載していますので、重たいゲームの配信を考えている方にもおすすめできるスペックです。

スペックは、なかなかのものです!

さらに、上記のような「ゲーミング性能」と「配信性能」を兼ね備えながらも、HL-Bは、非常に小さく作られています。

そのため、

  • 置き場所に困らない
  • 設置が楽
  • インテリアとしておしゃれ

などのメリットがあります!

通常のデスクトップPCは、非常に大きく場所を取るので、僕もどちらかというと小さい方が好きです!

ただし、小さい分、ほんの少し静音性は削がれていますので、重たいゲームでPCをに負荷をかけると、少しファンの排気音が気になります。

ヘッドセットをすれば気になりませんが、同じ部屋に人がいる場合は少し気になる方もいるかも知れないので、注意が必要です。

とはいえ、小型でスペックの高いPCを求めている方にはかなりおすすめのゲーミングPCです!

マウスコンピューター
icon

G-Tune HL-Bのレビュー | まとめ

G-Tune HL-Bの評価
スペック
(4.5)
コスパ
(4.0)
録画・配信(高画質で配信可)
(4.5)
外観(小さくスタイリッシュ)
(4.5)
静音性(高負荷だと気になる)
(4.0)
エアフロー
(4.0)
容量(高速)
(4.0)
総合評価
(4.0)

HL-Bは

  • 高フレームレートでゲームを快適に楽しみたい
  • 高画質で配信がしたい
  • 小型のPCを求めている
  • 静音性をそこまで重視しない

このような方に非常におすすめのゲーミングPCです!

シルバー

小型でおしゃれでスペックが高いゲーミングPCでした!

良い点

  • スペックがかなり高く、どんなゲームでも快適にプレー可能
  • 配信性能も高く、フレームレートを落とさず、カクつきなしで高画質配信可能
  • 小型でおしゃれ

残念な点

  • コスパが最高というわけではない
  • 小さいため、エアフローがそこまでしっかりしていなく、静音性が少し気になる

こちらの記事で、他にも様々な「おすすめのゲーミングPC」についてまとめていますので、ぜひご覧ください!

ゲーミングPC おすすめ 【No.1決定戦】おすすめのゲーミングPCは?コスパ最強のモデルを厳選!

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

マウスコンピューター
icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です