【高評価】ガレリアRV5レビュー!価格を抑え、快適ゲームが可能な高コスパゲーミングPC

ガレリアRV5のレビュー

シルバー

ガレリアRV5は数あるゲーミングPCの中でも高いコスパを誇る製品です!最新のゲームも快適にできるスペックながら、価格が抑えられていますよ!本記事で分かりやすくレビューしていますのでぜひご覧ください!

こんにちは!ゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

ゲーミングPCは当たり前ですが高い性能を求めるほどそれに比例して価格も高くなります。

しかし、そこまで性能が必要なわけではなく、そこそこの価格で、最新のゲームが快適にプレーしたいと思ってる方が多いのではないでしょうか?

シルバー

そんな丁度いい性能でコスパの高い製品が、BTOショップ「ドスパラ」から発売されています!!

それが「ガレリアRV5」というゲーミングPCです!

この度サードウェーブ様から「ガレリアRV5」をお借りすることができましたので、本記事では、

こちらの5つの項目についてわかりやすく紹介していきたいと思います!

シルバー

PCについて詳しくないという方でも分かるように紹介していますよ!
MEMO
本記事はメーカー様から機材をお貸しいただいて作成しております。

ガレリアRV5のスペックと外観のレビュー

「ガレリアRV5」の基本情報として

  • スペック
  • 外観とサイズ
  • インターフェース

こちらの3つを紹介していきます!

ガレリアRV5 | スペック

今回お貸しいただいた、ガレリアRV5のスペックを以下の表にまとめました。

CPURyzen5 3600(アップグレードでRyzen5 3600Xに変更可能)
グラフィックボードRTX2060 Super
メモリ16GB
SSDNVMe 256GB
HDD1TB
参考価格129,980円(税抜)
注意
スペック・価格は2019年12月20日現在におけるもので、変更される場合もございます。
ガレリアRV5の特徴
  • この価格にしてはゲーミング性能が抜群
  • 配信も可能なスペック
  • コスパに優れた構成
  • NVMeのSSD搭載でデータの読み書きも高速
  • カスタマイズしないと容量が少ない
  • 重いゲームの高画質配信は厳しい

シルバー

性能に対して価格が抑えられており、コスパはかなり高いです…!

ガレリアRV5の詳しいゲーム性能を確認したい方はこちら↓↓

ガレリアRV5 | 外観とサイズ

ガレリアRV5は良くも悪くもシンプルで無骨なデザインです

シルバー

見た目にこだわっていないところがドスパラのゲーミングPCガレリアの特徴です

ガレリアRV5はミニタワー型のなので、コンパクトなデスクトップPCとなっています

このサイズであれば、机の上にもそこまで場所を取らずに置けるため、置き場所に迷うことはなさそうです。

シルバー

それでもデスクトップPCを買うのが初めてという方には少し大きく感じると思うので、置こうと思っている場所の寸法をしっかりと測っておくことをおすすめします!

ガレリアRV5 | インターフェース

ガレリアRV5のインターフェースを紹介します。

前面

  1. USB 3.0 x 2
  2. SDカードスロット
  3. オーディオ入出力

背面

  1. PS/2
  2. USB2.0 x 2
  3. USB3.0 x 4
  4. LANポート
  5. オーディオ入出力
  6. DVI
  7. HDMI
  8. Display Port

デスクトップPCなので、ポート類はかなり充実しています!

シルバー

特に問題はなさそうですね!!

ガレリアRV5のゲーム性能のレビュー

本記事では

こちらの5つのゲームの各設定における平均フレームレートを測定しました!

ゲーミングPCを選ぶ際、「どのゲームでどのくらいフレームレートが出るのか」というのは非常に重要ですので、ぜひ参考にしてみてください!

フレームレートとは
フレームレートは、1秒間に何回画像が切り替わるのかという指標です。
数値が大きいほど、画面が滑らかになり、快適にゲームができるようになります

フレームレートの基準としては

  • 60fps→普通に快適(PS4などは60fpsが限界です)
  • 144fps→かなり快適(画面が滑らかに見える)
  • 240fps→最高の環境

このように考えるとわかりやすいかと思います!

フレームレートはPCをのスペックで大きく変わりますので、やりたいゲームでどのくらいのフレームレートが出るのかというのは重視して見たほうが良いです!

フォートナイトのフレームレートと評価

フォートナイト
設定最高
平均フレームレート305fps256fps170fps135fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています。

フォートナイト低設定

フォートナイト中設定

フォートナイト高設定

フォートナイト最高設定

フォートナイトは、低~中設定では平均240fpsを超えるフレームレートでプレーすることができました。

この価格帯でフォートナイトでここまでフレームレートを出せるのはかなり評価が高いです!

さらに、詳しくは後述していますが、低~中設定であればほぼ同じフレームレートを保ったまま高画質で配信が可能です。

さすがに最高設定だと平均144fpsを割ってしまいましたが、全体的にかなり優秀なスコアを出してくれました!

シルバー

価格を抑えて240fpsでフォートナイトがプレーしたいという方や、ある程度の設定で高画質配信がしたい方におすすめできるゲーミングPCです!

ドスパラ
¥129,980 2019/12/22
フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは? 【144fps・240fps】フォートナイトが快適にできるおすすめゲーミングPCを初心者でも分かるように紹介

フォートナイトを配信したときの検証はこちら↓↓

Apex Legendsのフレームレートと評価

apex legends
設定
平均フレームレート214fps135fps125fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています

apex 低設定

apex中設定

apex 高設定

少し歪な結果になってしまいましたが、「低設定」であれば144fpsを大きく上回るスコアを出してくれました。

かなり重く、フレームレートが出にくいApex Legendsで平均200fpsを出してくれるのは非常に優秀ですね!

シルバー

240fpsには惜しくも届きませんでしたが、144fpsを下回ることはほぼ無いので、Apex Legendsを144fpsでプレーしたいという方にはかなりおすすめできるゲーミングPCです!

逆にもう少し画質を上げたいというかたは、こちらのガレリアRV5では少し厳しい印象でした。

画質を上げて高フレームレートでApex Legendsをプレーしたいという方には当サイト「ゲームチュ」でレビューしている「ガレリアXF」がおすすめですよ!

ガレリアXF レビュー 【コスパ最強】ガレリアXF 2070Superを徹底レビュー!ドスパラゲーミングPCの決定版!

ドスパラ
¥129,980 2019/12/22
エーペックスレジェンズにおすすめのゲーミングPC 【144fps・240fps】Apex Legendsが快適にできるおすすめのゲーミングPC3選を紹介

レインボーシックスシージのフレームレートと評価

レインボーシックスシージ
設定最高
平均フレームレート218fps174fps192fps170fps

シージでフレームレートを図ってみると、全ての設定で144fpsは余裕で上回りました!

逆に240fpsはどんな設定でも到達しないという結果に。

シルバー

144fpsでシージをプレーしたいならとてもおすすめできるゲーミングPCですが、 240fpsならもう少しスペックの高いPCが必要という感じですね!

ドスパラ
¥129,980 2019/12/22
【144fps・240fps】レインボーシックスシージ快適にできるおすすめのゲーミングPCと選び方を紹介

PUBGのフレームレートと評価

pubg
設定ウルトラ
平均フレームレート226fps200fps180fps130fps

ガレリアRV5は、PUBGでも高いパフォーマンスを発揮してくれました。

低~高設定では144fpsを上回る高フレームレートを出すことが可能でした。

シルバー

最高設定では少し下回ってしまったものの、全体的に優秀な結果になりました!

ドスパラ
¥129,980 2019/12/22
pubg ゲーミングPC おすすめ 【60fps・144fps・240fps】PUBGに快適にできるおすすめのゲーミングPCと選び方を紹介

CS:GOのフレームレートと評価

CS:GO
設定最高
平均フレームレート262fps

ガレリアRV5でCS:GOをプレーしたところ、平均260fps程を出すことができました!

現状のゲーミグモニターは240Hzまでのものしかありませんので、全く問題なく快適にプレーすることが可能ですよ!

シルバー

CS:GOは余裕でプレー可能ですね!

ガレリアRV5の配信・録画性能

「ガレリアRV5」の配信性能や、録画性能を測るために、「OBS」という配信用ソフトを使って検証してみました。

配信をしていないときと、配信時のフレームレートを検証した表がこちらになります。

設定通常時配信時
低設定平均305fps平均303fps
中設定平均356fps平均262fps
MEMO
表の値はフォートナイトをプレーしたときのフレームレートです
MEMO
こちらの設定だと、かなり高画質で滑らかな配信が可能です。
解像度:1920×1080
フレームレート:60fps

低設定・中設定ともに、通常時と全く変わらないフレームレートで配信することが可能でした!

シルバー

かなり高画質での配信ですが、ここまでのパフォーマンスが発揮できるのは素晴らしいですね!

また、以下の表は、それぞれの設定でフォートナイトを配信したときの

  • レンダリングラグ
  • エンコードラグ

こちらの2つを表しています。

表の見方
数値が高い程、高い頻度で配信の動画がカクカクしてしまいます。
設定 レンダリングラグ エンコードラグ
低設定0%0%
中設定0.3%0%
高設定32.4%43.5%

「低設定」 「中設定 」では全くと言っていいほどカクつかずに配信ができています。

設定は下げているものの、フレームレートも下がらず、カクつかずに配信できるということでガレリアRV5は配信もしっかりと可能なゲーミングPCでした!

ただ、高設定にすると、とたんにカクカクしてまともに配信できないことに…

負荷を掛けすぎると配信はできなくなりますが、フォートナイトの中設定ほどの重さであれば快適に配信しながらのプレーが可能です!

シルバー

めちゃくちゃスペックが良いというわけではありませんが、この価格でここまで配信できればコスパ的には素晴らしいです…!

ドスパラ
¥129,980 2019/12/22

ガレリアRV5のターゲット

ガレリアRV5はゲームによっては240fpsでプレーできるゲーミングPCでした。

特にフォートナイトであれば、価格を抑えてある程度の設定で240fpsを出すことができる非常におすすめのゲーミングPCです!

さらに、比較的に重たいApex Legendsでも設定は下げなければならないものの144fpsであれば余裕で上回ります。

かなり高画質での配信も可能なため、コスパ的には控えめにいってもかなり高いです…!

コスパを上げるために、カスタマイズをしていない初期状態ではSSDが256GBとゲーミングPCとしては少しストレージが少ないのはウィークポイントですが、1、2種類しかゲームをしないという方には特に問題ありません。

シルバー

逆にたくさんゲームしたいという方はカスタマイズをしてSSDの容量を上げることをおすめいたします!

ガレリアRV5のレビュー | まとめ

ガレリアRV5の評価
スペック
(4.0)
コスパ
(4.5)
録画・配信(軽いゲームなら高画質で配信可)
(4.0)
外観(スリムでコンパクト)
(3.5)
静音性
(3.5)
容量
(3.0)
総合評価
(4.5)

ガレリアRV5は価格を抑えつつも

  • ゲームによっては240fpsでプレーが可能なスペック
  • かなり高画質で配信も可能なスペック

というコスパの良いゲーミングPCです!

シルバー

少し容量が少なく、何種類もゲームをしたいという方はカスタマイズが必要ですが、全体のコスパとしては非常に高いです…!

こちらの記事で、「おすすめのゲーミングPC」についてまとめていますので、ぜひご覧ください!

ゲーミングPC おすすめ 【No.1決定戦】おすすめのゲーミングPCは?徹底比較してあなたに合うコスパ最強のモデルを厳選!

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

ドスパラ
¥129,980 2019/12/22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です