【Dell G3 15レビュー】スタイリッシュかつ価格を抑えてゲームを快適にプレーできるゲーミングノートPC

シルバー

Dell G3 15は価格を抑えつつも、リフレッシュレート144Hzのディスプレイや、それをフルに活かせるゲーミング性能を持ったノートPCです!また、16GBのメモリを備え、軽いゲームであれば高画質で配信も楽しめますよ!

こんにちは!ゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

ゲーミングノートPCにはたくさん種類がありますが、性能を求める過ぎると

  • 価格が高くなってしまったり
  • 大きくなりすぎてしまったり
  • 重くなりすぎてしまったり

なんてことがしばしば…

そんなゲーミングノートPCの中でも、「価格を抑えつつ、スタイリッシュなデザインでゲームを快適に楽しめ軽いゲームであれば高画質で配信まで楽しめる」

そんな製品がDellから発売されている「G3 15」というゲーミングノートPCです!

シルバー

クールでかっこいい!

この度Dell様から「G3 15」をお借りすることができましたので、本記事では、

こちらの5つの項目についてわかりやすく紹介していきたいと思います!

シルバー

難しい用語もしっかりと解説していますよ!
MEMO
本記事はメーカー様から機材をお貸しいただいて作成しております。

Dell G3 15のスペックと外観のレビュー

「G3 15」の基本情報として

  • スペック
  • 外観とサイズ
  • インターフェース

こちらの3つを紹介していきます!

Dell G3 15 | スペック

今回お貸しいただいた、Dell「G3 15」のスペックを以下の表にまとめました。

CPUCore i7-9750H
グラフィックボードGTX 1650
メモリ16GB
SSDNVMe 256GB(高速) + SATA 1TB(低速)
HDD非搭載
ディスプレイリフレッシュレート144Hz
ディスプレイサイズ15.6インチ(非光沢)
重量2.53kg
参考価格128,980円(税抜)
注意
スペック・価格は2019年12月17日現在におけるもので、変更される場合もございます。
MEMO
こちらのモデルの他にも、「メモリが8GBのモデル」グラフィックボードの性能が1ランク上の「GTX 1660Ti」を搭載するモデルなど複数のモデルがあるので、予算や必要なスペックに合わせて選ぶことが可能です。
このPCの特徴
  • 144Hzのリフレッシュレートディスプレイ
  • クールでスタイリッシュなデザイン
  • 配信も可能なマルチタスク性能
  • NVMeのSSD搭載でデータの読み書きも高速
  • 非光沢のディスプレイで画面が見やすい
  • 価格と性能のバランスがGOOD
  • ゲームによっては144Hzのリフレッシュレートを活かせないことも
  • 重いゲームの配信は厳しい

シルバー

価格を抑えながらも、144Hzのリフレッシュレートを活かせるスペックでは無いでしょうか…!!

Dell「G3 15」の詳しいゲーム性能を確認したい方はこちら 

Dell G3 15 | 外観とサイズ

「G3 15」はゲーミングノートPCとしてはかなりカッコいいデザインです。

シルバー

無骨なデザインのものが多い中でかなり目を引いてGOOD!

背面にはしっかりと滑り止めの加工が施され、激しくゲームプレーしても固定されます。

ディスプレイのサイズは15.6インチと、ノートPCにしては割と大きめ!

シルバー

ゲームをする際に画面が小さいと非常にやりにくいので、この大きさであれば不自由なくゲームをプレーできますね!

ディスプレイサイズに伴ってノートPCとしては少し大きめの作りになっています。

しかし、薄さは21.6mmと、ゲーミングPCにしてはかなり薄く作られており、スタイリッシュなデザインになっています。

シルバー

これだけ薄いと、リュックなどにもスペースを取らずに入れることができますね!

また重量も2.53kgということで、持ち運びも可能です!(少し重いですが)

キーボードはテンキーレスで、特に配置に癖はありません。

キーストロークが短いので、押すとすぐに反応し、ゲームはやりやすいです。

Dell G3 15 | インターフェース

「G3 15」のインターフェースを紹介します。

左面

  1. USB typeC
  2. HDMI
  3. USB 3.1
  4. LANポート
  5. オーディオ入出力

右面

  1. SDカードスロット
  2. USB 2.0 x 2

ノートPCとしてはかなりインターフェースは充実しています。

また、USB-typeCは、 DisplayPort Alt-Mode対応なので、USB-typeCのポートを搭載したモニターとケーブル1本で給電・出力が可能です!

シルバー

ポートが足りなくて困るようなことはなさそうです!

そして、「G3 15」には「Alienwareコマンド センター」というソフトがインストールされています。

「Alienwareコマンド センター」 はファンの速度やCPUの温度などを視覚的に確認・調節できるようなソフトです。

シルバー

非常に使いやすくデザインも秀逸なので、とても便利です!

オーディオの設定などもこのソフトでできるため、ゲーマーにとっても非常に使いやすいPCに仕上がっていますよ!

Dell G3 15のゲーム性能のレビュー

本記事では

こちらの5つのゲームの各設定における平均フレームレートを測定しました!

ゲーミングPCを選ぶ際、「どのゲームでどのくらいフレームレートが出るのか」というのは非常に重要ですので、ぜひ参考にしてみてください!

フレームレートとは
フレームレートは、1秒間に何回画像が切り替わるのかという指標です。
数値が大きいほど、画面が滑らかになり、快適にゲームができるようになります

フレームレートの基準としては

  • 60fps→普通に快適(PS4などは60fpsが限界です)
  • 144fps→かなり快適(画面が滑らかに見える)
  • 240fps→最高の環境

このように考えるとわかりやすいかと思います!

フレームレートはPCをのスペックで大きく変わりますので、やりたいゲームでどのくらいのフレームレートが出るのかというのは重視して見たほうが良いです!

フォートナイトのフレームレートと評価

フォートナイト
設定
平均フレームレート176fps122fps72fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています。

フォートナイト低設定

フォートナイト中設定

フォートナイト高設定

フォートナイトでは、設定を下げることで144fpsでプレーすることができました。

「G3 15」の144Hzのリフレッシュレートをフルに活かせるフレームレートを出すことができるのでフォートナイトを144fpsでプレーしたいという方にはかなりおすすめできるゲーミングノートPCです!

シルバー

僕も普段は設定を下げてフォートナイトをするのでとても快適にプレーできましたよ!

ただ、高画質で144fpsでプレーするには、スペックは足りていません。

しかし、ある程度設定は下げなければいけないものの、この価格でフォートナイトを平均144fpsでプレーできるのはとても魅力的ですね!

フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは? 【144fps・240fps】フォートナイトが快適にできるおすすめゲーミングPC2選を紹介

Apex Legendsのフレームレートと評価

apex legends
設定
平均フレームレート140fps117fps87fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています

apex 低設定

apex中設定

apex 高設定

Apex Legendsは比較的重いゲームなので、フレームレートがそこまで伸びませんでした。

設定を「低」にすることで、平均144fps近く出すことができましたが、常時144fpsを出すには少しスペックが足りないという結果に。

しかし、この価格で144fps程出せるのは素晴らしいと思うのである程度価格を抑えてノートPCでフォートナイトを快適にプレーしたいという方にはおすうすめできるモデルです!

エーペックスレジェンズにおすすめのゲーミングPC 【144fps・240fps】Apex Legendsが快適にできるおすすめのゲーミングPC3選を紹介

レインボーシックスシージのフレームレートと評価

レインボーシックスシージ
設定最高
平均フレームレート147fps131fps125fps92fps

レインボーシックスでは設定を下げることで、平均144fpsを出すことが可能です!

設定を上げてしまうと多少144fpsを割ってしまうので、高画質で楽しみたいという方はもう少しスペックを上げる必要があります。

シルバー

ただ、設定を下げてもプレーに大きな影響は出ないため、価格を抑えてシージを144fpsで楽しみたいという方にはかなりいい選択肢なのではないでしょうか!

【144fps・240fps】レインボーシックスシージ快適にできるおすすめのゲーミングPCと選び方を紹介

PUBGのフレームレートと評価

pubg
設定
平均フレームレート89fps80fps69fps

かなり重いゲームであるPUBGでは144fpsに到達することができませんでした。

90fpsほどを出すことができましたのである程度快適にはプレーできますが、平均144fpsを出したいという方にはもう少しスペックの高いモデルが必要です。

pubg ゲーミングPC おすすめ 【60fps・144fps・240fps】PUBGに快適にできるおすすめのゲーミングPCと選び方を紹介

CS:GOのフレームレートと評価

CS:GO
設定最高
平均フレームレート158fps

CS:GOでは、最高設定で144fpsを達成することができましたので、「G3 15」の144Hzリフレッシュレートをしっかりと活かすことが可能です!

シルバー

CS:GOは余裕でプレー可能ですね!

Dell G3 15の配信・録画性能

「G3 15」の配信性能や、録画性能を測るために、「OBS」という配信用ソフトを使って検証してみました。

配信をしていないときと、配信時のフレームレートを検証した表がこちらになります。

設定通常時配信時
低設定平均176fps平均159fps
中設定平均122fps平均90fps
MEMO
表の値はフォートナイトをプレーしたときのフレームレートです
MEMO
こちらの設定だと、かなり高画質で滑らかな配信が可能です。
解像度:1920×1080
フレームレート:60fps

そこまで負荷のかからない「低設定」であれば、かなり良いフレームレートを保ったままの配信が可能でした!

メモリが16GBということで、マルチタスク性能自体はありますので、配信もそつなくこなします。

設定 レンダリングラグ エンコードラグ
低設定 0% 0%
中設定16.2%25.5%

上の表は、それぞれの設定時にどのくらいカクつきがあったのかを表しています。数値が高い程、高い頻度で配信の動画がカクカクしてしまいます。

「低設定」では全くと言っていいほどカクつかずに配信ができていますが、「中設定」にするととたんにカクつき始めました。

やはり負荷がある程度大きくなると、カクついてしまうので「G3 15」はそこそこ軽いゲームの配信に留めておいたほうがよさそうです!

シルバー

しかし、低設定ではあるものの、フォートナイトが普通に配信できるのは素晴らしいですね!

Dell G3 15の気になった点

これはゲーミングノートPC全般に言えることですが、排気音が少々気になります。

特に重いゲームをプレーしていると、ファンが激しく回転する音が聞こえます。

ノートPCはデスクトップに比べて内部が狭く、熱排気が苦手なので、その分ファンを激しく回転しなければなりません。

ヘッドフォンやイヤホンをすれば気にならなくなりますが、周りに人がいる環境だとうるさく感じることもあるかもしれません。

シルバー

静かな環境でしかゲームができないという方は注意が必要です!

Dell G3 15のターゲット

「G3 15」の良いところは「価格を抑えつつもノートPCでゲームが楽しめる」という点です。

めちゃくちゃスペックが良いかと言われるとそうではありませんが、この価格でこれだけ快適にゲームが楽しめ、軽いゲームの高画質配信まで可能なのは素晴らしいです!

シルバー

かなり需要は高いのではないでしょうか…!

デザインも個人的にかなり好きでクールでかっこいいですよね!

しかし、スペック的にはどうしても価格の高いノートPCやデスクトップゲーミングPCには劣ってしまいます。

そのため、「できるだけ価格を抑えてノートPCで144Hzのディスプレイでゲームを楽しみたい」という方におすすめできるゲーミングPCだと思います!

シルバー

コスパに関してはかなり高いです!

Dell G3 15のレビュー | まとめ

Dell G3 15の評価
スペック
(3.0)
コスパ
(4.0)
録画・配信(軽いゲームなら高画質で配信可)
(3.5)
外観(スリムでコンパクト)
(4.5)
静音性
(3.0)
容量
(3.5)
総合評価
(4.0)

「G3 15」は価格を抑えつつも

  • ゲームによっては144fpsで快適にプレー可能
  • 軽いゲームであれば配信も可能

というコスパの良いゲーミングノートPCです!

シルバー

デザインも良く、ゲーミングノートPCにしてはスリムでコンパクトなので持ち運びにも適しています…!

できるだけ価格を抑えてゲームのプレーや配信が可能なノートPCが欲しいという方にかなりおすすめ!

こちら記事で他にも「おすすめのゲーミングPC」を総合的に紹介していますのでぜひご覧ください!

ゲーミングPC おすすめ 【No.1決定戦】おすすめのゲーミングPCは?コスパ最強のモデルを厳選!

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です