【ガチ厳選】徹底比較したおすすめのゲーミングキーボードを選び方と合わせて紹介

おすすめのゲーミングキーボード紹介

こんにちは!ゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

PCでゲームをするときにマウスと共に、必要になってくるのが、「ゲーミングキーボード」です。

キーボードは、キャラクターの操作や、武器選択、技選択などに利用され、ゲームにおいてかなり重要な役割を果たします。

ゲーミングキーボードってとてもたくさん種類があるんだけど、どうやって選んだら良いの?

選び方を知った上で、予算と相談して決めるのおすすめだよ!

ゲームキーボードは、製品によって「打鍵感」や「キー配列」など、非常に様々で、かなり選ぶのが難しい製品です。

ということで本記事では「おすすめのゲーミングキーボード」を紹介するだけでなく、

  • ゲーミングキーボードの選び方
  • ゲーミングキーボードを選ぶ際の注意点

などもしっかりと解説していきますので、ぜひ自分に合ったゲーミングキーボードを選んでほしいと思います!

初心者の方にも分かりやすく解説していきますよ!

ゲーミングキーボード 違い 【誰でも分かる】ゲーミングキーボードとは?普通のキーボードの違いも解説!

ゲーミングキーボードの選び方と比較のポイントを徹底解説

ゲーミングキーボードを選ぶ際に、重視するべきポイントは、

  • 軸(キースイッチ)
  • テンキーレスかどうか
  • 予算

上記について、1つずつ解説していきます!

軸(キースイッチ)

ゲーミングキーボードによく採用される、「メカニカルキーボード」には、キー一つ一つに「軸」と呼ばれるスイッチが組み込まれています。

その軸には、いくつかの種類があり、軸ごとにキーの「打鍵感」や、押したときの「音」が全く違います!

軸の例
  • 青軸→カチカチという爽快な打鍵音と打鍵感
  • 赤軸→スッと静かに沈み込む気持ちのいい打鍵感
  • 茶軸→青軸よりは少ない多少の打鍵音と打鍵感
  • 銀軸→軽い打鍵感で、反応速度に優れる

それぞれの軸の打鍵感の想像が付かない方は、こういったアイテムがで色々な軸の比較をすることができます!

買うのがもったいないという方は、「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」「ツクモ」「ソフマップ」「ドスパラ」などのお店には、キーボードが置いてあることがあるので、軸ごとの打鍵感の比較をしてみることをおすすめしますよ!

どのような打鍵感を期待するのかによって、選ぶキーボードも変わってきますので、軸ごとのおすすめゲーミングキーボードも下で紹介しています!

軸ごとのおすすめゲーミングキーボードを見る 

テンキーレスかどうか

ゲームに特化するならテンキーレスのゲーミングキーボードがおすすめです!

テンキーレスのゲーミングキーボードは、マウスを持つ手とキーボードを操作する手が近くなります。

そのため肩幅が開かずにマウスを操作することが可能なのでエイムが安定しやすいという特徴があります!

テンキーが無い分、マウスを動かせるスペースが広くなるのでストレスなくマウスを動かせそう!

そのため、ゲーム用だけのキーボードならテンキーレスの製品を選ぶのが非常におすすめです。

こちらの記事で「おすすめのテンキーレスのゲーミングキーボード」を紹介していますのでぜひご覧ください!

【コンパクト】厳選したおすすめのテンキーレスゲーミングキーボード4選を紹介

そして、テンキーレスよりもさらにコンパクトな60%キーボードというものも存在します。

おすすめの60%キーボードの紹介と解説」はこちらの記事で詳しくしていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

60%キーボード 60%キーボードとは?解説とガチで厳選したおすすめ2選を紹介!【FPSゲーム用】

予算

ゲーミングキーボードは、性能によって価格がピンからキリまで存在しますので、予算をしっかりと決めておくことが大切です。

安いものでは5000円ほどで買うことができますが….

高いものだと、2万円近くするようなことも!

価格の高い製品は性能が良く、使用感は非常に良いのですが、価格を抑えたいのであればある程度の妥協は必要です。

もちろん低価格なモデルでも、しっかりと使えるクオリティの高いものもありますので、本記事でも紹介していきます!

性能と予算を比較しっかりと比較することが大切だね!

厳選したおすすめゲーミングキーボード5選

本記事では、以下の5つのゲーミングキーボードを紹介しています!

モデル メーカー 特徴 テンキー バックライト 価格
Alloy Core RGB
HyperX(キングストン) 価格を抑えて、機能性を実現 メンブレン式 有り 有り(多パターン) 約5,000円
Ducky One 2
Ducky ゲームに特化した60%キーボード 赤・青・茶・銀・ピンク(静音赤軸) 無し 有り(多パターン) 約14,000円
PROキーボード
Logicool 打鍵感と反応速度の両立 Romer-G 無し 有り(多パターン) 約15,000円
K2-RGB
Xtrfy 最高の打鍵感と高級感を兼ね備えるゲーミングキーボード 赤軸 有り 有り(多パターン) 約20,000円
Apex Pro TKL
Steelseries 最高のゲーミング性能 OmniPointスイッチ 無し 有り(多パターン) 約25,000円
注意
掲載している価格は、2020年3月10日のものです。変更される場合もございますので、予めご了承ください。

価格を抑えて機能性を実現 | HyperX Alloy Core RGB

メーカーHyperX
メンブレン式
テンキー有り
バックライト有り(多パターン)
このキーボードの特徴
  • キーの押し間違え防止に役立つ「ゲームモード」機能付き
  • しっかりと使える性能だが、価格が抑えられておりコスパはかなり高い
  • バックライトが非常にキレイ
  • 日本語配列で初心者の方も使いやすい
  • メンブレン式なのでメカニカル式のキーボードよりも打鍵感は劣る

HyperX Alloy Core RGB価格を抑えつつも、ゲームでしっかりと使える性能を持ったゲーミングキーボードです。

外観は非常にキレイで、とても低価格帯のゲーミングキーボードとは思えないような見た目に仕上がっています。

Alloy Core RGB レビュー

高級感は、上位のモデルに劣りません!

日本語配列なこともあり、ほとんどの方が違和感なく使えるようになっています。

Alloy Core RGB 左上
  • バックライトの光り方を変える
  • 「Windowsキー」など、ゲームに邪魔なキーを無効化する

このようなことが右上のボタンを押すだけでできるので、機能性も非常に高くなっています。

肝心なゲームでの使用感も満足で、メンブレンながらに安っぽさはなく、全く問題なく使うことが出来ました!

Alloy Core RGB 外観

テンキーがあるため若干横幅が長くなってしまうことがウィークポイントですが、価格の安さを考えると非常に魅力的なゲーミングキーボードですよ!

価格を抑えたいのであればこちらのAlloy Core RGBがおすすめです!

キングストンテクノロジー
¥4,936 (2020/07/10 00:39:26時点 Amazon調べ-詳細)

ゲームに特化した60%キーボード | Ducky One 2 Mini RGB 60%

メーカーDucky
銀軸・赤軸・ピンク軸・青軸・茶軸
テンキー無し
バックライト有り(多パターン)
このキーボードの特徴
  • テンキーレスのキーボードよりも更に横幅が狭く、ゲームに有利
  • 好きな軸が選べる
  • 見た目がかっこよく魅力的
  • キー数が削減されおり、普段の作業には向いていない

Ducky One 2 Miniは、60%キーボードといって、キーの数が普通のキーボードの60%に削減されているモデルになります。

キーが削減されすぎて、タイピング作業には向いてないのですが、ゲームにおいて、その横幅の小ささは真価を発揮します!

キーボードの横幅が狭いため、マウスを動かすスペースが増え快適なマウス操作が可能です!

さらに、肩幅が開かず、エイムが安定する方もいると思います!

僕の場合は、かなりエイムが安定しましたよ!

ゲームに向いていると言われている「テンキーレス」のキーボードよりも横幅が狭い60%キーボードは、非常にゲームにおすすめできます!

さらに、Ducky One 2は様々な軸の中から、「自分の好みの軸」を選択することができます!

青軸・赤軸・茶軸・銀軸・ピンク軸(静音赤軸)などなど、多彩な軸を選ぶことが可能です!

反応速度を重視したいのであれば銀軸

静音性と滑らかな打鍵感を重視したいのであればピンク軸

このように、自分の重視する性能を選べるのは非常に大きなメリットだと思います!

見た目が非常にかっこいいのも魅力的です!

SNSでも好評で、なかなか市販されていない銀軸やピンク軸が人気あるみたいですね!

>>>Ducky One 2 Mini RGB 60%の詳しいレビューはこちら

【Ducky One 2 Mini レビュー】ゲームに特化した自分好みの軸を選べる60%キーボード

テンキーレスで打鍵感と反応速度の両立 | Logicool PROキーボード(G-PKB-001)

メーカーロジクール
Romer-G(茶軸に近い)
バックライト有り(多パターン)
テンキー無し
Logicool PRO ゲーミングキーボードの特徴
  • テンキーレスなのでゲームに非常に向いている
  • メカニカル式で打鍵感は最高
  • Logicool独自のキースイッチ「Romer-G」を搭載しており、反応速度が速い
  • 機能性も抜群

G PROはロジクールから発売されているメカニカルキーボードです。

非常に打鍵感が良く、こんなに快適にタイピングやゲームができるのか!と思うほどの押し心地!

こちらのキーボードにはロジクール独自の「Romer-Gメカニカル スイッチ」をが採用されており、他のメカニカルスイッチよりも25%反応が高速になり、静音性及び精度が向上しています。

抜群の打鍵感かつ、優秀な反応速度を備えています!

テンキーレスなため、エイムも安定し、マウスを快適に使うことが可能です。

価格は高いのですが、弱点という弱点が無く、非常に満足度の高いゲーミングキーボードです!

PROゲーミングキーボードのレビュー記事はこちら 

Pro ゲーミングキーボード 外観 【Logicool G Pro ゲーミングキーボード(G-PKB-001) レビュー】テンキーレスで打鍵感が最高の優秀なキーボード

最高の打鍵感とデザイン性を兼ね備えたゲーミングキーボード | Xtrfy K2-RGB

Xtrfy k2

XtrfyのK2-RGBは価格は高いとは思いますが、価格以上の性能を備えた素晴らしいゲーミングキーボードです。

  • 高級感のあるデザインと鮮やかなライティング
  • 専用ソフトウェアが不要の簡単な設定
  • 赤軸による抜群の打鍵感と打鍵音

などなど、おすすめできるポイントがたくさんあります。

K2-RGBの高級感

高級感のある作りをしておりキーボードとしての完成度が素晴らしく高いです。

キー1つ1つがこだわられて作られており、非常にしっかりした作りをしていますね!

さらに打鍵感も最高でした!

スコスコと気持ちのいい赤軸特有の打鍵感で、かなり快適にゲームのプレーやタイピングができました。

さらにK2-RGBはソフトウェアなしでライティングの設定ができ、簡単にバックライトの設定ができることもとても魅力的です!

細かい設定はできませんが、いちいちソフトウェアを起動する手間を考えればありがたい機能ですね。

こちらの記事で詳しくレビューをしていますので、ぜひご覧ください!

Xtrfy K2-RGB のレビュー記事はこちら 

【Xtrfy K2-RGB レビュー】抜群の打鍵感と機能性とデザイン性を兼ね備えた優秀なゲーミングキーボード

Xtrfy(エクストリファイ)
¥22,737 (2020/07/09 08:24:26時点 Amazon調べ-詳細)

最高のゲーミング性能 | Apex Pro TKL

メーカーSteelseries
OmniPointスイッチ
テンキー無し
レスポンスタイム0.7ms
作動点0.4mm
耐久性1億回
バックライト有り(多パターン)
このキーボードの特徴
  • 従来のメカニカルスイッチよりも圧倒的に早い反応速度
  • 各キーアクチュエーションポイントを自分好みに変えられる
  • 耐久性に優れており、1億回のキープレスに耐えうる
  • 機能性も高い
  • テンキーレスなので、ゲームに有利
  • Nキーロールオーバーで全てのキーが同時押し可能
  • リストレスト付きで腕の負担を軽減可能
  • これ以上ないくらいの性能なので、最高の環境でゲームができる
  • 価格がかなり高い

キーを何mm下げると、反応するかという指標のこと。

アクチュエーションポイントが短いと、キーをほんの少し押し込んだだけで反応するため、操作性が良くなる。

SteelseriesのApex Pro TKLは、数あるゲーミングキーボードの中でも、最も性能の高い製品になります。

最大の特徴は、「0.4mmというアクチュエーションポイントの短さ」による、その圧倒的な反応速度です。

反応速度が早いことで、押した瞬間に反応してくれるため、思い通りのプレーをすることが可能です。

反応速度が大切なFPSやバトルロイヤル系のゲームでは非常に大きなメリットになります!

さらにApex Proの素晴らしい点は、アクチュエーションポイントを、コントロールできるところにあります。

実はアクチュエーションポイントが短すぎると、人によっては、予期せぬ誤入力が起こる場合もあります。

アクチュエーションポイントが短すぎて、キーに指を乗せただけわずかな沈みだけでスイッチが反応してしまい、キーが反応してしまう。なんてことが起こってしまいます!

しかし、安心してください!

Apex Proは、各キーのアクチュエーションポイントを、好きな長さに調節することができるため、誤入力が頻繁に起こる場合は、そのキーのアクチュエーションポイントを少し長くすることで、誤作動を防ぐことが可能です。

なんて素晴らしい機能なんだ….!

自分のホームポジション(常に手が置いてある場所)のアクチュエーションは少し長めにしておき、誤入力を防ぎつつも、それ以外のキーのアクチュエーションポイントを短くすることで、できる限り速い反応速度を実現することが可能です!

その他にもテンキーを省き、横幅を短くしていたり、ゲームに便利な非常に多くの機能も兼ね備えています。

もちろん価格は非常に高いのですが、最高の性能と耐久性を兼ね備えているので、価格以上の価値は十分に備えているゲーミングキーボードですよ!

価格が高いだけあって、使用感は最高との声が多いですね!

SteelSeries
¥69,101 (2020/07/10 00:52:38時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのゲーミングキーボードを軸ごとに紹介!

ゲーミングキーボードと言えばメカニカル式ですよね!

メカニカル式とは?
キーボードのキーキャップの下に、物理的なスイッチがあるタイプのキーボードの

メカニカル式のキーボードは、「軸」呼ばれるスイッチの種類を自由に選ぶことができます!

シルバー

軸ごとに打鍵感が異なり、様々な種類があるんですよ!

代表的な軸としては、

  • スイッチ感があり、「カチカチ」という音が特徴の青軸
  • スイッチ感がなく、「スコッ」と押し下がるのが特徴の赤軸
  • 青軸と赤軸の中間のような押し心地の茶軸
  • 反応速度に非常に優れる銀軸

こんな感じになります!

どれも好きなタイプが分かれるものですので、メリットやデメリットを紹介しながらその軸のおすすめゲーミングキーボードを紹介していこうと思います!

青軸の特徴とおすすめのゲーミングキーボード

青軸のゲーミングキーボードは、何といっても爽快な音と打鍵感が特徴です!

カチカチと心地の良いクリック音が鳴り、とても快適にタイピングやゲームをすることができます。

さらに、音がなりスイッチ感があることで「キーボードを押したと思っていたのに押せていなかった」なんてこともありませんね!

デメリットとしては若干音がうるさいことです。

もちろん好きな人には好きな音なのですが、うるさくできない環境では使うべきではありません!

シルバー

ゲームの実況や配信にも向いていませんね…

青軸でおすすめのゲーミングキーボードはこちら 

青軸 ゲーミングキーボード おすすめ 【2020年最新】抜群の爽快感で使いやすい青軸のゲーミングキーボードを紹介

赤軸の特徴とおすすめのゲーミングキーボード

赤軸のゲーミングキーボードはスイッチ感が無いのが特徴で、滑らかなタイピングができるようになります

シルバー

静音性もあり、ゲームの録画や配信をする方は「赤軸」のゲーミングキーボードを使うことをぜひおすすめしますよ!

個人的には赤軸は大好きな打鍵感で、疲れずにタイピングやゲームができるというメリットもあります。

ただスイッチ感が無いということで、慣れないうちは「どこまで押せば反応するか?」ということが多少分かりにくかったりするのも特徴の一つ。

赤軸でおすすめのゲーミングキーボードはこちら 

赤軸 おすすめ ゲーミングキーボード 【2020年最新】厳選した滑らかな打鍵感が魅力的な赤軸のゲーミングキーボード3選を紹介

茶軸の特徴とおすすめのゲーミングキーボード

茶軸の特徴は、そのバランスの良さです。

多少のスイッチ感があり、気持ちよくタイピングができます。

クセの少ないキースイッチで、初心者の方からプロの方まで誰にでもおすすめできるのが茶軸ですね!

茶軸でおすすめのゲーミングキーボードがこちら 

茶軸 ゲーミングキーボード 【2020年最新】使いやすく魅力的な茶軸のゲーミングキーボードを3選を紹介!

銀軸の特徴とおすすめのゲーミングキーボード

銀軸の特徴は、その反応速度の速さです。

キーストロークとアクチュエーションポイントが他の軸よりも短く、押した瞬間に反応するという優れた特徴を持っています。

銀軸はゲームに非常に向いており、勝ちにこだわるのであればぜひ銀軸を選びたいところではあります!

関連 >> 銀軸でおすすめのゲーミングキーボード

銀軸のおすすめゲーミングキーボード 抜群の反応速度を誇る銀軸のゲーミングキーボードの特徴とおすすめモデルを紹介

おすすめのゲーミングキーボード | まとめ

本記事では

  • ゲーミングキーボードの選び方や比較のポイント
  • ゲーミングキーボードを選ぶ際の注意点
  • 軸ごとのおすすめのゲーミングキーボード

こちらの4つをメインに解説していきました。

ゲーミングキーボードはマウスと並んで、直接プレーに影響する大事なデバイスです。

これから使っていくキーボードを決めるときにはくれぐれも慎重に決めるようにすることをぜひおすすめします!

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!