【レノボ Legion C530レビュー】ミドルスペックでキューブ型のコンパクトゲーミングPC

こんにちは!ゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

ゲーミングPCって無骨なデザインのものが多いんですよね…

もちろん全てはないですが、黒を基調とした地味なデザインのものが多い印象です。

そんな中、Lenovoから発売されている、「Legion C530」はキューブ型のデザインで、非常におしゃれな外観に仕上がっています!

C530は、ゲーミングPCの中ではミドルスペックですが、最新のゲームでも144fpsであれば出るほどの性能です!

価格は抑えられているものの、それなりに高いスペックを搭載しているPCですよ!

今回、Lenovo様から「Legion C530」をお借りすることができましたので

  • C530のスペックと概要
  • C530の外観のレビュー
  • C530のゲーミング性能のレビュー
  • C530のストレージ性能のレビュー
  • C530の配信・録画性能のレビュー
  • C530のターゲット

こちらの6項目について詳しく紹介していきたいと思います!

シルバー

ゲーミングPCにあまり詳しくない方でも分かるように、丁寧に紹介していますよ!
MEMO
本記事はメーカー様から機材をお借りして作成しております。

Legion C530のスペックと特徴

今回お借りした、C530のスペックを以下の表にまとめました。

CPU Core i5 9400F / Core i7 9700
グラフィックボードGTX1650 / GTX1660Ti
メモリ16GB
SSDNVMe 512GB / 1TB
HDD非搭載 / 1TB
参考価格102,076円〜(税)
注意
スペック・価格は2020年4月13日現在におけるもので、変更される場合もございます。
MEMO
今回お借りしたのは、CPU:Core i7 9700,グラフィックボード: GTX1650のモデルです。
C530の特徴
  • 価格を抑えて、ゲームを快適にプレー可能
  • ゲームによっては、144fpsを目指せるスペック
  • 高画質配信も可能なスペック
  • NVMeのSSD搭載でデータの読み書きも高速
  • キューブ型でかわいい
  • 静音性はそこまで高くない
  • バトロワ系やFPSで240fpsを出すのは難しい
  • 横幅が広いので、置き場所に困ることも

コンパクトながら、多くのゲームで、144fpsを目指せるスペックです!

Legion C530の外観のレビュー

「C530」の外観情報として

  • 外観とサイズ感
  • インターフェース

こちらの2つを紹介していきます!

外観とサイズ

C530は、正面から見ると、正方形に近い、ボックス型の形をしています。

サイドは、ほんの少し奥行きが長く、正方形ではありませんが、ゲーミングPCとしてはコンパクトな外観となっています。

上面がガラス張りになっているのもとても特徴的。

起動することで赤く光り、非常にかっこいいデザインとなっていますよ!

起動することで、赤く光り、非常にかっこいいデザインに仕上がっています!

ちなみに前面のLegionのロゴも起動することで光ります。

キューブ型のデザインで、上面がガラス張りって、、、、素敵…!!

サイズ的にも、コンパクト!

ただし、キューブ型のデザイン故に横幅が他のPCがよりも広いため、置き場所には注意が必要です!

一応、机の上に設置するように想定されていると思いますので、机のスペースを確認してから購入するようにしましょう!

インターフェース

C530のインターフェースを紹介します。

正面下部

  1. オーディオ入出力
  2. USB 3.0 x 2

背面

  1. HDMI
  2. Display Port x 2
  3. LANポート
  4. オーディオ出力
  5. USBポート x 6(USB 3.1 Gen2 x 2、USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 2)

インターフェースの数的には、全く文句はありませんが、前面のインターフェースはPCを床においてしまうと、かなり使いにくくなります。

キューブ型なので、机の上に置いてもおしゃれだと思いますので、ぜひ机の上において使いたいですね!

Legion C530のゲーム性能のレビュー

C530の各ゲームでの評価を表にまとめました。

  • フォートナイト
  • Apex Legends
  • レインボーシックスシージ
  • PUBG
  • CS:GO

こちらの5つのゲームの各設定における平均フレームレートを測定しました!

ゲーミングPCを選ぶ際、「どのゲームでどのくらいフレームレートが出るのか」というのは非常に重要ですので、ぜひ参考にしてみてください!

フレームレートとは
フレームレートは、1秒間に何回画像が切り替わるのかという指標です。
数値が大きいほど、画面が滑らかになり、快適にゲームができるようになります

フレームレートの基準としては

  • 60fps→普通に快適(PS4などは60fpsが限界です)
  • 144fps→かなり快適(画面が滑らかに見える)
  • 240fps→最高の環境

このように考えるとわかりやすいかと思います!

フレームレートはPCのスペックで大きく変わりますので、やりたいゲームでどのくらいのフレームレートが出るのかというのは重視して見たほうが良いです!

フォートナイトのフレームレートと評価

フォートナイトで公開マッチに入り実際にプレーし、フレームレートを測定してみました。

設定
平均フレームレート249fps137fps79fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています。

フォートナイト低設定

フォートナイト中設定

フォートナイト高設定

フォートナイトでは、驚くことに、低設定にすれば平均240fpsを超えることができました!

フォートナイトは余裕でプレー可能です!

ただ低設定で240fpsギリギリなため、描写距離を上げたかったり、安定して平均240fpsを目指したいのであれば、もう少し高いスペックのモデルを選ぶ必要はあります

設定を最大まで下げているとはいえ、この価格帯で240fpsを出せているのは素晴らしいですね!

フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは? 【144fps・240fps】フォートナイトが快適にできるおすすめゲーミングPC3選を紹介

フォートナイトを配信したときの検証はこちら↓↓

Apex Legendsのフレームレートと評価

apex legends

Apex Legendsで実際にゲームをプレーして平均フレームレートを測定してみました。

設定おすすめ設定
平均フレームレート116fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています

ApexLegendsでは、ゲームに影響が出ない程度に設定をかなり下げたのですが、残念ながら平均144fpsには到達しないという結果になりました。

競技性の高いゲームで、144fpsを出したい思っている方が多いと思いますので、そういった方はもう少しスペックの高いモデルを検討しましょう!

エーペックスレジェンズにおすすめのゲーミングPC 【144fps・240fps】Apex Legendsが快適にできるおすすめのゲーミングPC3選を紹介

レインボーシックスシージのフレームレートと評価

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージで、テロハントをソロでプレーし、フレームレートを測ってみました。

設定
平均フレームレート186fps

シージでは、設定を下げることで平均144fpsを出すことができます!

ただ240fpsを出そうと思ったら、もう少しスペックの高いモデルを購入する必要がありますね!

【144fps・240fps】レインボーシックスシージ快適にできるおすすめのゲーミングPCと選び方を紹介

PUBGのフレームレートと評価

pubg
設定
平均フレームレート83fps

PUBGでは、設定を「低」にして平均83fpsという結果に。

激戦区で少々重たかったのもありますが、144fpsに遠く及ばない結果になっていしまいました。

pubg ゲーミングPC おすすめ 【60fps・144fps・240fps】PUBGに快適にできるおすすめのゲーミングPCと選び方を紹介

League of Legendsのフレームレートと評価

設定
平均フレームレート240fps以上

LoLでは、中画質ほどにすることで、240fpsに到達することができました。

Legion C530のストレージ性能

SSDの性能

C530はNVMe SSDが搭載されていますので、非常に優秀なストレージ性能です。

これだけ、ストレージ性能が高いと、ゲームや、動画編集で困ることはないでしょう!

また、容量も512GBor1TBと、かなり大容量の選択肢が用意されていますので、ほとんどの方は困ることはないでしょう。

Legion C530の配信・録画性能

「C530」の配信性能や、録画性能を測るために、「OBS」という配信用ソフトを使って配信をしながらゲームをプレーしてみました。

配信をしていないときと、配信時のフレームレートを検証した表がこちらになります。

設定配信(おすすめ設定)
低設定平均188fps
MEMO
表の値はフォートナイトをプレーしたときの平均フレームレートです
MEMO
こちらの設定だと、かなり高画質で滑らかな配信が可能です。
解像度:1920×1080
フレームレート:60fps

この設定であれば、描写距離をしっかりと最高にしたまま、快適にプレーするkとができます!

その他は「低」設定ですが、画質が汚くなるとかは全く無いのでご安心ください!

配信しながらのフォートナイトで、144fpsを余裕で超えることができました。

配信しながらこれだけのフレーレートが出せるのは素晴らしいですね!

ただ、これ以上重たいゲームを配信するとなると、注意が必要です。

以下の表は、それぞれの設定でフォートナイトを配信したときの

  • レンダリングラグ
  • エンコードラグ

こちらの2つを表しています。

表の見方
数値が高い程、高い頻度で配信の動画がカクカクしてしまいます。
設定 レンダリングラグ エンコードラグ
低設定0%3.7%

エンコードラグが3.0%ということで、ほんの少しではありますが、ラグが発生しており、配信がカクつくことがあります。

これ以上負荷をかけると、一気にカクつきが目立つようになってしまいますね…

比較的軽いバトロワ系ゲームであるフォートナイトでこの状態なので、あまり重たいゲームの配信には向いていないことが分かります。

ただ、それでもほとんどのゲームであれば、しっかりと配信が可能なスペックではありますね!

Legion C530のターゲット

注意点としては、C530は、ゲーミングPCとして、そこまでスペックが高いわけではありません。

ApexLegendsや、PUBGといった、重たい競技性の高いゲームで240fpsは出せません

ただ、144fpsなら目指せる競技性の高いゲームは存在します

本記事でレビューしているゲームでのフレームレートを確認して、購入することをおすすめします!

もちろん価格はその分抑えられているため、そこまでスペックが必要ないという方におすすめのゲーミングPCだと感じました!

また、C530は、キューブ型で非常にかわいらしい形をしています。

他のゲーミングPCのように無骨なデザインでないため、普通の黒いPCはダサくて嫌だ!という方にも向いているゲーミングPCです。

Legion C530のレビュー | まとめ

G-Tune C530の評価
スペック
(3.5)
コスパ
(4.0)
録画・配信(高画質で配信可)
(3.5)
外観(小型でスタイリッシュ)
(4.5)
静音性(高負荷だと気になる)
(3.5)
エアフロー
(4.0)
容量(高速)
(4.0)
総合評価
(4.0)

C530は

  • 144fpsでゲームをプレーしたい
  • そこまで重たくないゲームを高画質で配信がしたい
  • 静音性をそこまで重視しない
  • おしゃれなデザインのデスクトップPCがほしい

このような方に非常におすすめのゲーミングPCです!

シルバー

小型でおしゃれでスペックが高いゲーミングPCでした!

良い点

  • ミドルスペックではあるが、多くのゲームでも快適にプレー可能
  • 配信性能も可能で、そこまで重たくないゲームであれば、高画質配信可能
  • キューブ型で、デザイン性は非常に良い

残念な点

  • 静音性はそこまで高くない
  • スペックがめちゃくちゃ高いわけではないので、重たいゲームで240fpsや144fpsが出せないことがある
  • 横幅が広いため、置き場所に注意

こちらの記事で、他にも様々な「おすすめのゲーミングPC」についてまとめていますので、ぜひご覧ください!

ゲーミングPC おすすめ 【No.1決定戦】おすすめのゲーミングPCは?コスパ最強のモデルを厳選!

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です