【意外と重要】ゲーミングモニターにおける応答速度とは?1msにこだわろう!

こんにちはシルバー( @game_chu_s)です!

ゲーミングモニターについて調べていると、何かと出てくる用語が「応答速度」です。

応答速度は、何かと理解がしにくいものですが、知っておくとゲーミングモニターを正しく選ぶことができます!

本記事で分かりやすく説明していますので、ぜひご覧ください!

ゲーミングモニターにおける応答速度とは?

結論から言うと、応答速度とは「モニターの色が変化するまでの時間」を指す用語です。

モニターのスペックを見ると、「5ms」や「1ms」などの数値が記載してあることがありますが、この数字こそが応答速度ということになります。

応答速度が「1ms」と記載してあれば、色の切り替えに1ms(0.001秒)かかるという意味になります!

そして、肝心なのは、「応答速度はモニターの残像感に影響する」という点です。

残像感と言ってもピンとこない方もいると思いますので、イメージ画像を用意しました。

残像感の例:左は応答速度が遅く残像感がある。右は応答速度が速く残像感がない

応答速度が遅いと、ディスプレイに残像感が残ってしまい、なんとなくゲームがやりにくく感じることがあります。

残像感は、正確なプレーの敵ですよ…!

そんな画面の残像感につながる、応答速度ですが、意外と重要です。

残像感というものがピンとこない方もいると思いますが、残像感が強いとかなりゲームがやりにくくなります。

特にFPSやバトロワ系などの、競技性が高いゲームでは、やはり応答速度はこだわりたいところではあります。

応答速度の種類

応答速度は、実は明確な定義がなく、メーカーや製品によっていろいろな測り方がされています。

基本的にモニターのスペック表に書いてあるのは、2種類ある。

  • 黒→白→黒の応答速度
  • グレー→グレー(GTG)の応答速度

基本的に、

1ms(GTG)

のように、GTGと表記されていれば「グレー→グレー」の応答速度が計測されており、何も表記されていなければ「黒→白→黒」の応答速度が計測されているという考えで大丈夫です。

結論から言うと、「GTG」のほうが、応答速度の正確性が高いです。

色は

  • その他

というような分け方をすることができます。

モニターにおいて、その他、つまりグレーな色というのは、白や黒に比べると色を表現するのに時間がかかります。

白と黒のバランスを考えなければいけませんので、手間がかかるというイメージです!

そして、基本的にゲームなどで使われる色は、真っ白や黒真っ黒よりも、その他のグレーな色のほうが多いはずです。つまり、グレー→グレーの変化の方が多いということになりますね。

そんなゲームでよく使われる「グレー→グレー」の変化をの時間を測っているのが、GTGというわけです。

応答速度はどのくらいのものを選ぶべきか

では、応答速度はどのくらいのものを選ぶべきなのでしょうか。

その前に、少し知っておいてほしい話があります。

ゲーミングモニターの選ぶ際に知っておくべき知識は最低限2つあり、

それが

  • リフレッシュレート
  • 応答速度

こちらの2つです。

リフレッシュレートは簡単に説明すると、「モニターがどのくらい速く画面を切り替えるか」という用語です。

リフレッシュレートに関しては、こちらの記事で詳しく解説していますので、もっと詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください!

ゲーミングモニター リフレッシュレートとは ゲーミングモニターにおけるリフレッシュレートとは?フレームレート(fps)との関係も解説

どのくらいの応答速度を選ぶべきかという話には、リフレッシュレートが大きく関わることになります。

リフレッシュレートが144Hzのとき

144Hzというのは、1秒間に画面を144回切り替えるという意味

つまり、1回画面を切り替えるのに約0.007秒かかります。

つまり、応答速度が7ms以下の製品を選ぶことが最低条件になります。

同様に考えると、ゲーミングモニターでよくあるリフレッシュレートでは以下のようになります。

リフレッシュレート最低限必要な応答速度
60Hz約16ms
75Hz約13ms
144Hz約7ms
165Hz約6ms
240Hz約4ms

リフレッシュレートが高くなるほど、最低限必要な応答速度も速くなっていますね!

注意
こちらは、最低限必要な応答速度です!応答速度は、早ければ早いほど残像感が少くなります

ただ、最近のゲーミングモニターは、ほとんどのものが応答速度は5ms以下となっています。

なので、正直、応答速度をそこまで気にする必要は、個人的にはあまりないのかなと思っています。

唯一気をつけたほうが良いのは、240Hzのゲーミングモニターを選ぶときですね。

240Hzのゲーミングモニターは、最低限必要な応答速度が4msと、かなり高水準な応答速度が求められます。

なので、240Hzのゲーミングモニターを選ぶときには、1ms(GTG)以下のものを選ぶと良いと思います!

240Hzに限らずとも、1ms(GTG)と記載してあるものを選べば安心ですよ!

残像感を抑える技術について

ここまで応答速度について説明してきましたが、実は応答速度が速いだけでは、残像感というものは少なからず残ってしまいます。

そこで、残像感を極限まで抑えるために、応答速度を速くする意外の技術が使われている製品が存在します。

代表的なものが、Zowieの「XL2546」というゲーミングモニターです。

非常に有名なゲーミングモニターで、プロの方にも愛用されている大人気のモデルになります。

こちらのゲーミングモニターには、残像感を抑える技術として、「Dynamic Accuracy(ダイナミック アキュレシー)」というものが使われています。

これは、モニター上に表示される映像が切り替わる、つまり1フレームごとに、真っ黒のフレームを挿入することで、残像感を軽減する技術になります。

実際に「Dynamic Accuracy」をオンにすると、目で分かるくらいに残像感が減り、ゲームが快適にプレーできるようになります。

残像感を極限まで抑えたい方には、ぜひともおすすめしたいモデルになっています。

ゲーミングモニターにおける応答速度の解説 | まとめ

本記事では、ゲーミングモニターにおける「応答速度」について、詳しく解説しました。

応答速度は、ゲーミングモニターを選ぶ時に知っておくと自分に合ったモニターを選ぶのに役立ちます。

当サイトでは、僕が厳選した「おすすめのゲーミングモニター」も紹介していますので、ぜひ合わせてご覧いただければと思います!

おすすめのゲーミングモニター 【FPS・バトロワ】コスパ最強のゲーミングモニターおすすめ機種を選び方と合わせて紹介!

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です