【ガレリア RM5R-G60Sレビュー】価格を抑えながら多くのゲームを快適にプレー可能なモデル

こんにちは!ゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

本記事で紹介する「ガレリア RM5R-G60S」は、ある程度価格は抑えられていますが、ほとんどのゲームを快適にプレーできるスペックになっています!

  • コスパ抜群!
  • 多くのゲームを快適にプレー可能

価格と性能のバランスがとても良い印象です!

今回、ドスパラ様から「ガレリア RM5R-G60S」をお借りすることができましたので

  • スペックと概要
  • 外観のレビュー
  • ゲーミング性能のレビュー
  • ストレージ性能のレビュー
  • 評価とターゲット

こちらについて詳しく紹介していきたいと思います!

シルバー

ゲーミングPCにあまり詳しくない方でも分かるように、丁寧に紹介していますよ!
MEMO
本記事はメーカー様から機材をお借りして作成しております。

ガレリア RM5R-G60Sのスペックと特徴

今回お借りした、ガレリア RM5R-G60Sのスペックを以下の表にまとめました。

CPURyzen 5 3500X
グラフィックボードGTX 1660 SUPER
メモリ16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
参考価格99,980 円(税抜)
注意
スペック・価格は2020年10月26日現在におけるもので、変更される場合もございます。
安くて高スペック!
ガレリア RM5R-G60Sの特徴
  • ドスパラのゲーミングデスクトップPCの人気商品
  • ゲーミングPCとしてはかなり安い価格帯
  • ほとんどのゲームが快適にプレー可能で、価格を抑えてゲーミングPCがほしい方におすすめ!
残念な点
良い点
  • 重たいゲームだと240fpsは出せない
  • ゲームも動画編集もサクサクできるスペック
  • 性能に対する価格は安い
  • 配信をしながらでもある程度フレームレートを下げずにプレーが可能
  • 非常に読み書きが速く、大容量のSSDを搭載
  • 一新したデザインでスタイリッシュに

価格は抑えられていますが、ゲームは快適にできるモデルですよ…!

ガレリア RM5R-G60Sの外観のレビュー

「ガレリア RM5R-G60S」の基本情報として

  • 外観とサイズ感
  • インターフェース

こちらの3つを確認していきます!

外観とサイズ

ガレリア RM5R-G60Sは黒を基調としたデザインで、正面には縁にLEDライトが搭載されています。

2020年7月に、旧デザインから今回の新デザインに変更され、かなりスタイリッシュに進化しました!

ガレリア
旧デザインのガレリア
新デザインのガレリア

比べてみると、新モデルのスタイリッシュ感がわかるかと思います。

側面にはガラス面もあり、こちらもまたスタイリッシュ感を演出していますね。

かなりデザインは良くなっています!

正面のライトは、色を自由に変更することも可能ですので、好みに合わせて変えられます。

ガレリア RM5R-G60SはデスクトップPCとしてはそこまで大きなサイズではありません。

ただ、デスクトップPCを購入するのが初めてという方は、少し大きく感じると思いますので、予め寸法を計っておくことをおすすめします。

インターフェース

ガレリア RM5R-G60Sのインターフェースを紹介します。

前面

  1. USB 3.2 Gen1 x 4
  2. オーディオ入出力

前面のUSB端子がかなり多く、とても便利に使えるのではないでしょうか。

ただ、SDカードリーダーは搭載されていないため、SDカードを読み込む場合は外付けのスロットを用意する必要があります。

背面

  1. PS/2
  2. USB2.0 x 2
  3. USB 3.2 Gen1 x 2
  4. オーディオ入出力
  5. LANポート

背面には非常に多くのポートがあり、ゲームに使うには十分な量のポートを備えています。

映像端子

  1. DVI
  2. HDMI
  3. Display Port

ガレリア RM5R-G60Sのゲーム性能のレビュー

ガレリア RM5R-G60Sの各ゲームでの評価を表にまとめました。

以下のゲームのベンチマーク結果を掲載しています。

  • フォートナイト
  • Apex Legends
  • レインボーシックスシージ

こちらのゲームの各設定における平均フレームレートを測定しました!

ゲーミングPCを選ぶ際、「どのゲームでどのくらいフレームレートが出るのか」というのは非常に重要ですので、ぜひ参考にしてみてください!

フレームレートとは
フレームレートは、1秒間に何回画像が切り替わるのかという指標です。
数値が大きいほど、画面が滑らかになり、快適にゲームができるようになります

フレームレートの基準としては以下の通り。

  • 60fps→普通に快適(PS4などは60fpsが限界です)
  • 144fps→かなり快適(画面が滑らかに見える)
  • 240fps→最高の環境

フレームレートはPCのスペックで大きく変わりますので、「やりたいゲームでどのくらいのフレームレートが出るのか」というのは重視して確認しましょう。

フォートナイトのフレームレートと評価

フォートナイトで公開マッチに入り実際にプレーし、フレームレートを測定してみました。

設定おすすめ設定
平均フレームレート150fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています。

描写距離だけ最高に設定することで、ゲームに不利にならずに設定を下げることが可能です。

フォートナイトでは平均144fps強といったところです。

最近のフォートナイトはかなり重たくなっていますが、それでもしっかりと144fpsを上回っているのはさすがだと感じました。

もちろん平均なので、それを下回ってしまうこともありますが、特に大きく下がることもなく、とても快適にプレーすることができましたよ!

これくらいの性能のPCを選んでおけば、ほとんどのゲームでも快適に使えますね!

フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは? 【144fps・240fps】フォートナイトが快適にできるおすすめゲーミングPC3選と必要なスペックを解説
  • コスパ抜群!
  • 多くのゲームを快適にプレー可能

Apex Legendsのフレームレートと評価

Apex Legendsで実際にゲームをプレーして平均フレームレートを測定してみました。

設定おすすめ設定
平均フレームレート154fps
注意
極端にフレームレートが下がる降下時を除いて測定しています

設定を下げつつ、アンチエイリアスをオンにすることで、ギザギザ感の無いきれいな映像でゲームを楽しむことができます。

フォートナイトに引き続き、Apexでも平均144fpsを上回ることができました。

もちろん設定はある程度下げていますが、Apexでここまでのフレームレートが出せればほとんどの方は十分だと思います。

Apexで240fpsは無理ゲーですしね。。。

価格も抑えられて、とても良いクラスのゲーミングPCです!

エーペックスレジェンズにおすすめのゲーミングPC 【144fps・240fps】Apex Legendsが快適にできるおすすめのゲーミングPC3選と必要なスペックを解説
  • コスパ抜群!
  • 多くのゲームを快適にプレー可能

レインボーシックスシージのフレームレートと評価

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージで、テロハントをソロでプレーし、フレームレートを測ってみました。

設定低設定
平均フレームレート214fps

シージでは240fpsは上回らなかったものの、200fpsを超えることは出来ました。

240Hzのモニターを使う、または使う予定の方には性能が足りませんが、それ以外であれば全く問題ないでしょう!

とても快適にシージをプレーできますよ!

【144fps・240fps】レインボーシックスシージ快適にできるおすすめのゲーミングPCと必要なスペックを解説

ロケットリーグのフレームレートと評価

設定低設定
平均フレームレート249fps

ロケットリーグでは設定はある程度下げていますが、全く問題なく240fpsを上回ることが可能です。

Spellbrakeのフレームレートと評価

設定おすすめ設定
平均フレームレート150fps

Spellbrakeではなんとか144fpsを超えられました。

かなり視点移動が多く、負荷がかかるゲームですが、それでもしっかりと快適にできましたのでとても高評価です。

その他各種ベンチマーク結果

FF15

CINEBENCH

ガレリア RM5R-G60Sのストレージ性能

ガレリア RM5R-G60Sには512GBのNVMe SSDが搭載されています。

非常に読み書きの速度が早く、データのロードや書き込みで困ることはないでしょう。

512GBの容量があれば、5~6個のゲームであればインストール可能ですし、万が一足りないということであればあとから増設することも可能です。

ストレージ性能に関しては全く問題ありませんね!

ガレリア RM5R-G60Sの配信性能

Apexを実際に配信して、フレームレートを計測してみました。

設定競技設定
平均フレームレート139fps

設定を下げつつ、アンチエイリアスをオンにすることで、ギザギザ感の無いきれいな映像でゲームを楽しむことができます。

Apexは、配信をせずにギリギリ144fpsを超えるくらいだったので、配信をしながらだと少し144fpsを割ってしまいました。

個人的には全然許容範囲内なので、問題ありませんが、配信でも144fpsを割りたくないという方はもう少しスペックを上げたPCを選ぶことをおすすめします。

とはいえこの価格帯でしっかりと配信までできるのは、とても高評価です!

ガレリア RM5R-G60Sの評価とターゲット

「ガレリア RM5R-G60S」の優れている点は、やはりコスパです!

税抜10万円を割っているものの、

  • フォートナイト
  • Apex Legends
  • レインボーシックスシージ

などのゲームであればかなり快適にプレーすることが可能です。

メモリも16GBと十分にあるため、ゲームの配信もすることができます。

設定次第ではあるものの、144fpsであればほとんどのゲームで出すことができますので、とても快適にゲームをプレーすることができます。

約10万円でこの性能であれば、十分満足というのが個人的な感想になります。

ただ、価格とスペックを考えれば仕方ないのですが、

  • 240fpsを出したい
  • 配信をしながらでも144fpsを割りたくない

このような要望は少し難しいように思えます。

ガレリア RM5R-G60Sのレビュー | まとめ

ガレリア RM5R-G60Sの評価
スペック
(4.0)
コスパ
(4.5)
録画・配信
(4.0)
外観(スタイリッシュでコンパクト)
(4.5)
静音性
(4.0)
容量(大容量で高速)
(4.0)
総合評価
(4.5)

シルバー

ある程度価格が抑えられており、性能も優秀なゲーミングPCですよ!
残念な点
良い点
  • 重たいゲームだと240fpsは出せない
  • ゲームも動画編集もサクサクできるスペック
  • 性能に対する価格は安い
  • 配信をしながらでもある程度フレームレートを下げずにプレーが可能
  • 非常に読み書きが速く、大容量のSSDを搭載
  • 一新したデザインでスタイリッシュに

こちらの記事で、他にも様々な「おすすめのゲーミングPC」についてまとめていますので、ぜひご覧ください!

ゲーミングPC おすすめ 【初心者向け】おすすめのゲーミングPCは?コスパ最強のモデルを厳選!

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

  • コスパ抜群!
  • 多くのゲームを快適にプレー可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です